カテゴリー「★その他」の記事

2012年7月 5日 (木)

<★> 前立腺がんのカテゴリーを追加しました(7/5木)。

カテゴリー「★治療の副作用」を追加しました(7/5木)。

前立腺がんの記録についてのカテゴリーを増やして整理しました。

カテゴリーに「★」が付いているものが、

前立腺がんの内容が含まれている記事です。

記事の冒頭にも、「★」を付けました。

また、前立腺がんだけの記事には、「 <★> 」を付けてあります。

   ☆   ★   ☆

追加したカテゴリーは、以下の1つです。

  • ★治療の副作用
  •    ☆   ★   ☆

    現在、前立腺がんに関するカテゴリーは、以下の12です。

  • ★ 前立腺がんの記録(全般)
  • ★その他
  • ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)
  • ★免疫
  • ★家族の心境
  • ★患者本人の心境(患者仲間も含む)
  • ★投薬の記録(ドセタキセル以外)
  • ★放射線治療(35回)
  • ★痛みの症状と治療
  • ★治療の副作用
  • ★転移(疑われるものも含む)
  • ★食生活
  • 医学は毎日進歩しています。
    現在はもっと良い状況になっている可能性があります。

    最新の情報は、泌尿器科の医師におたずねください。
    これからも、いろいろな記録を記事にしていきます。
    お役に立てれば幸いです。

    今日も皆様のご健康を願っております。
    お大事に。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
     ↑↑ にほんブログ村に参加しています。
     このバナーをクリックすると、
    にほんブログ村 → 病気ブログ村 → 前立腺がん へ
    行かれます。
    ほかの方の記事も、ぜひ参考になさってください。

    | | コメント (0)

    2012年6月 8日 (金)

    <★> 前立腺がんのカテゴリーを追加しました。

    カテゴリーを追加しました。

    前立腺がんの記録についてのカテゴリーを増やして整理しました。

    カテゴリーに「★」が付いているものが、

    前立腺がんの内容が含まれている記事です。

    記事の冒頭にも、「★」を付けました。

    また、前立腺がんだけの記事には、「 <★> 」を付けてあります。

       ☆   ★   ☆

    追加したカテゴリーは、以下の3つです。

  • ★その他
  • ★免疫
  • ★転移(疑われるものも含む)
  •    ☆   ★   ☆

    現在、前立腺がんに関するカテゴリーは、以下の通りです。

  • ★ 前立腺がんの記録(全般)
  • ★その他
  • ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)
  • ★免疫
  • ★家族の心境
  • ★患者本人の心境(患者仲間も含む)
  • ★投薬の記録(ドセタキセル以外)
  • ★放射線治療(35回)
  • ★痛みの症状と治療
  • ★転移(疑われるものも含む)
  • ★食生活
  • 21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2012年6月 5日 (火)

    <★> 前立腺がんの記事を分類しました。

    前立腺がんの記録についての記事を、

    新しいカテゴリーを作って整理しました。

    カテゴリーに「★」が付いているものが、

    前立腺がんの記事です。

       ☆   ★   ☆

    ★ 前立腺がんの記録(全般)

    ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)

    ★家族の心境

    ★患者本人の心境

    ★投薬の記録(ドセタキセル以外)

    ★放射線治療(35回)

    ★痛みの症状と治療

    ★食生活

       ☆   ★   ☆

    時系列的にはなっていませんが、

    これまで散発的に書いてきた記事を、

    治療の方法や症状で分類してみました。

    これからも具体的な記事を書き足していきます。

    なお、これは私の父の、前立腺がんの治療記録ですが、

    必ずしもすべての患者さんに当てはまるものではありません。

    お役に立てば幸いです。

    21世紀梨


       ☆   ★   ☆

    こちらも参考にしてください。

  • ★ 前立腺がんのカテゴリーを追加しました。

    21世紀梨
  • にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2012年1月21日 (土)

    <★> 前立腺がん、ドセタキセルなど、なかなか更新できずにすみません。

    タキサン系の抗がん剤、ドセタキセル(商品名、タキソテール)について、多くの皆さまからアクセスをいただき、本当にありがとうございます。

    せっかくアクセスしていただいているにもかかわらず、現在は自分持ちのインターネット回線やパソコンがないので、なかなか新しい情報を記事にできず、すみません。

    平成19/2007年4月から、私の父はこの薬を前立腺がんの治療に使っていました。

    個人差があるので一概には言えないのですが、

    父は約2年半もの間、この薬と付き合っていました。

    おおむね4週間に一度の間隔で点滴をしたことや、

    白血球、ノイトロジン(薬)、免疫、体毛の抜け落ちなど、

    これからこの薬を使う患者さんや前立腺がんの患者さんにとって、

    多少の参考になることを願って少しずつ記事にしたいと思います。

    また、ドセタキセルのみならず、ホルモン療法や輸血などのこと、

    父との間で交わしたちょっとした会話なども、

    できるだけ記事にしていきます。

    なにかのお役に立つことができれば幸いと考えます。

    前にも「記事にしていきます」と書きましたが、今は簡単に記事を書ける環境ではないので時間がかかるかと思いますが、これからもよろしくお願いします。

     ★  ☆  ★  ☆  ★

    今日は、新しくリンクを追加しました。

    「生きてる喜び日記 今日も生きているんだもんね!!」

    http://blogs.yahoo.co.jp/yancha828

    です。

    これは、乳がんを患った、岩手県盛岡市の看護師、高橋梨香(旧姓、山内梨香)さんのブログです。

    「がけっぷちナース がんとともに生きる(山内梨香)」や、

    「奇跡のウェディング(高橋梨香)」の著者です。

    最近、何とかして「がけっぷちナース」を読みたいと思っていたんです。

    ところが、本屋さんで探しても、これがなかなか手に入らないんですよね。

    今年に入って盛岡市へ出かけたときに書店をのぞいてみたところ、ようやく見つけることができました。

    お膝元だけあって、宮沢賢治さんたちと一緒に「地元のコーナー」に並んでいました。

    さっそく買い求めて、いまは3分の2ほど読み進んだところです。

    全部読んだら、感想なども記事にしたいと考えています。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2009年3月15日 (日)

    <★> もう3月。早いねー。もう年度末です。

    気がつくと、今月に入って最初の記事がこれなんですね。

    早いです。

     ★   ☆   ★   ☆   ★

    前立腺がんは進行が遅いです。

    父は今月に入って24回目のドセタキセルを点滴しました。

    相変わらず元気に過ごしています。

    これで、この薬との付き合いは、だいたい2年ぐらいになります。

    前立腺がんの場合には、すぐに「人生おしまい」などという時代ではなくなりました。

    医学の進歩はめざましいです。

    今のところは、疼痛(とうつう、癌の痛み)もないようです。

    初診からも、前立腺がんだとわかってからも、6年がたちました。

    発見が早いと安心ですが、父の場合は確か、ステージCだったんですよ。

    あんまり早い発見ではなかったようですが、経過はいいです。

    支えるのは楽なことばかりではないんですよね。

    特に神経を使うことが多いです。

    こちらは、頭の中で物事を整理するのが大変です。

    だけど、これからも自分にできることであれば、

    父の力になりたいと考えています。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2008年3月27日 (木)

    ★ 「今年の桜は~」の続き

    「今年の桜はどこで見る?」の続きです)

    ちょうど今年は三世代がそろって暮らしているので、

    父にとってはかわいい孫もいることだし、

    予定が合えばみんなで行かれたらいいなと思っています。

    抗がん剤の影響があれば、父は車から降りられないかも知れませんが、川沿いの桜並木なら、うちからそんなに遠くはないし、多少は楽しめるでしょう。

    別に外を歩き回らなくてもいいんです。

    体の免疫機能には、笑顔が有効であるという話もあります。

    科学的、医学的な視点では、どこまで有効なものかはわかりませんが、

    桜を眺めて心が和めば、また明日からの生活にも元気に臨めることと思います。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2007年12月31日 (月)

    ★ 今年も1年間ありがとうございました。

    あと6時間で新年です。

    この一年を振り返ってみると、いろいろなことがありました。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    1月には父の 抗がん剤投与 が始まり、食生活が一変しました。

    一時は食べられるものを探すのに苦労するほどでしたが、夏までにはそれも回復して 食欲 が戻りました。

    今では 抗がん剤 が身体になじんできたようで、副作用も小さくなりました。

    これからも戦いは続きます。父をしっかり支えていきます。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    4月には学校と福祉施設を足して2で割ったようなところで働くことになりましたが、予想以上に職場環境が劣悪で一年間の予定を半年残して退職することになりました。

    しかしこの半年で、自分の能力や弱点が浮き彫りにもなり、貴重な苦い体験を今後の社会生活で少しでも生かしていきたいと考えています。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    家庭環境では、夏休みを前にして 姪 っ 子 と 妹 が 一緒 に 生 活 す る ことになりました。

    結婚歴もなく子どももいない私にとって、小学校低学年の子どもとの生活は、これまた貴重な体験です。

    また、教育の分野で研究や仕事をしてきた身としては、願ってもないチャンスでもありました。

    秋には行事や授業参観で学校へ行き、12月には保護者代理で保護者面談にも行きました。

    算数の勉強でつまずきそうになっている姪っ子には、表計算ソフト(エクセル)を使って足し算や引き算を楽しく取り組む作戦も立てました。

    それまで、悔しそうに泣きべそをかきながら繰り上がりや繰り下がりの計算をしていた姪っ子が、楽しそうに勉強する様子を見て、見ている私も嬉しくなったものです。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    さて、暮れも押し迫った12月、悲しい知らせが入ってきました。

    「ブログ友」ともいうべきサッチャンさんが9月から入院されていましたが、11月に黄泉の国へと出発してしまいました。

    昨年の6月にからの付き合いでしたが、サッチャンさんはほぼ毎日このブログに訪れてくださいました。

    特に、

    「人生の日も暮れてしまうぞ」

    というコメントは、私にとって一生忘れ難いものとなりました。

    いくら人間の死亡率が100%であるとはいえ、本当に寂しい限りです。

    サッチャンさん、ありがとうございました。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    そんなわけで、駆け足でこの一年を振り返ってみたのでR☆

    ネタはまだたくさんありますが、きりがないのでこのくらいにしておきます。

    それでは、皆様よいお年を!

    来年も、どうぞよろしくお願いします。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2007年2月17日 (土)

    <★> 自分ならどうする

    全国各地に「 がんセンター 」がありますが、 がん についての悩みや相談などをインターネットで公開しているところがあります。

    膨大な件数の中から、順に読んでいくと、自分だったらどうするかと考えさせられるものも多いです。

       ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    「子どもができない体であることを理由に結婚を断られた」

    「周りから『2人目は?』と言われるのがつらい」

    「自分の病気のことを、子どもたちにどう説明してよいかがわからない」

    こういうものを読んでいると、

    「あなたならどうしますか?」

    と聞かれているような気がしてきます。

       ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    それで、実際に考えるわけです。

    「自分だったらどうするのか」

       ★  ★  ★

    「子どもができない体であることを理由に結婚を断られた」

    相手の意思なのか、誰かに余計な忠告(?)をされたのかなどの第三者の意思なのかによりますね。

    誰かに何かを言われたからなどというなら、「あなたはどう考えるのか」で判断してほしいことを伝えますね。

    第三者の考えを参考にするのはいいのですが、丸呑みは無意味です。

    相手がそこまで他力本願だとわかっていたら、結婚を考える前に別れますね。

    悪いけど私だって今年で37ですから、そんなに時間はないんです。

    相手本人の意思で結婚を断りたいなら、去るものは追わず。

       ★  ★  ★

    「周りから『2人目は?』と言われるのがつらい」

    少子化とはいわれていますけどね。

    産めない体なので一人っ子で育てますよ。

    という風に、健康上の理由も含めて話しますね。

    連れ合いがつらい思いをすることもあるでしょうから、そのときは自分の持てる力を尽くして守るのが役目だと考えています。

       ★  ★  ★

    「自分の病気のことを、子どもたちにどう説明してよいかがわからない」

    これ、悩みますね。

    何も話さないのは子どもに寂しい思いをさせるし、信頼も失ってしまう。

    ただ、かえって心配をかけると困るので、子どもの様子を見ながら少しずつ話していくのが無難なところでしょうか。

    うちの父は「余計な心配をかけたくない」とよく言います。

      ★   ☆   ★   ☆   ★

    つらいのは本人ですから、周りの者としてはそれを支えるのが役目ですね。

    だから正直言って、「まあ、しょうがないか ・ ・ ・」と思うことが私にもあります。

    支える役目の周りの者としても、本人とは別のつらさがあります。

    それを支えるのは誰なのか。

    どうやってそれを解消するのか。

    自分で自分を支え切れないときが周りの者としてつらさを感じるときでしょうか。

      ★   ☆   ★   ☆   ★

    「本人と周りの者」のほかにも、いろいろあります。

    「周りの者と周りの者」や、「周りの者とその周りの者」ですね。

    父には通院の予定が頻繁に入るので、私は単発の予定でさえ、ろくに入れることができず、ましてフルタイムの仕事になど出られるはずもない状況です。

    そんな状況を知らないまま、または知っていても、「おまえは生活保護でも受けるつもりか」「勤労の義務がある」などと言う人まで出現しました。

    勤労の義務?!?!?

    生活保護 ねえ。

    身近にそういう人がいないから、軽々しく「 生活保護 」なんて言えるんだと思うんです。

    あきれますね。

    人権問題になりますよ。

    父はそんなことは言いませんが、母や兄がそういう変わったことを言います。

    あ~そうですか~。

    やってられない ・ ・ ・まあ、取り合う気もないので構わないのでR★

    自分だったらどうしてほしいかを考えればそれでよく、ひとの頭のハエなんて追わなくたっていいんです。

    これからも、自己満足に陥ることなく、自分に出せる力を惜しむことなく出していこうという考えで行動していきます。

    もちろん進路のことに努力することも、これに含まれるのでR★

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2006年7月18日 (火)

    <★> くたびれる親父(前立腺がん)

    今日は私がハローワークへ行く指定日だったので、父がひとりで病院へ行きました。

    ところがなんと、放射線治療のマシンに不具合があって、2時間も待っていたのだそうです。

    しかも自分で車を運転して行ってきたから、さすがに疲れたようでした。

    帰ってくると、自分の部屋でグーグー寝ていました。

    夕方、「おーい、おーい」と叫んでいたので、「なんだ、なんだ?」と様子を見に行ったら、足が冷えて血液の戻りが鈍くなったと言って、さすっていました。「お風呂を沸かしてくれ」と父。

    珍しく夕方の明るい時間帯に湯船に浸かり、はみ出した肩には桶で私がお湯をかけました。

    「ああ、ようやく落ち着いてきた」と満足そうな父でした。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2006年7月14日 (金)

    <★> 父の放射線治療、あと2割(前立腺がん)

    全35回で始まった父の放射線治療ですが、昨日で8割(28回)が終わり、今日は29回目でした。

    もう少しで全部終わります。

    父はもともとホルモン療法をしているのですが、前立腺がんは、男性ホルモンによってがん細胞の発育が促進されてしまうので、男性ホルモンのこう丸からの分泌を抑える注射しています。

    さてその副作用の一つに、時々顔面などがほてったり、汗がでたりするホットフラッシュと呼ばれているものがあります。

    (参考)東京医科大学 泌尿器科 http://www.tokyo-med.ac.jp/urol/

    このごろは暑い日が続いているので、ホットフラッシュが起きやすいらしく、父と一緒に車に乗ると冷房をキンキンに入れられてしまいます。

    つまり汗をたくさんかいたままにしておくと、体が冷やされて具合が悪くなるんですね。

    キンキンの冷房がホットフラッシュに対して医学的に効果的かどうかはわかりませんが、

    付き合わされるほうは大変ですよ~。

    車の中だし、運転中だから逃げられないんです。(-o-)

    しかも父はこれ以上脱ぐと裸になってしまうので、冷房以外に方法はないんですね。

    寒いなんてまず言わない。

    それに放射線治療の疲れでグーグー寝てます。

     (-o-)  (-o-)  (-o-)

    昨日は私の体が参ってしまいました。とても冷えすぎて夜に入って下痢でした。

    そこで今日は膝掛けを当てて、冷気が体に直接当たらないようにしてみました。

    ミッキーフレンズの膝掛け。

    これは去年の教え子がね、とても好きなんですよ、ミッキーマウス。

    トレーナーもTシャツも、タオルハンカチもみ~んなミッキーマウス。

    いつの間にか、私の仕事着までミッキーマウス。

    それでこの膝掛けは、何かに使えるかなと思って買っておいたんです。

    結局、学校で使う機会はなかったけど、まさかこんなところで使うとは思わなかったですね。

    効果もありましたよ~。

    膝掛けっていうのは暖かいですね。

    職場で使っている女性を見かけていたけど、こんなに効果があるものとは思いませんでしたよ。

    そんな放射線治療もあと6回でおしまいです。

    やっぱりみなさんがコメントして下さったとおり、親の役に立つことができているようでよかったです。

    ありがとうございます。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |