カテゴリー「★食生活」の記事

2012年7月 5日 (木)

<★> 前立腺がんのカテゴリーを追加しました(7/5木)。

カテゴリー「★治療の副作用」を追加しました(7/5木)。

前立腺がんの記録についてのカテゴリーを増やして整理しました。

カテゴリーに「★」が付いているものが、

前立腺がんの内容が含まれている記事です。

記事の冒頭にも、「★」を付けました。

また、前立腺がんだけの記事には、「 <★> 」を付けてあります。

   ☆   ★   ☆

追加したカテゴリーは、以下の1つです。

  • ★治療の副作用
  •    ☆   ★   ☆

    現在、前立腺がんに関するカテゴリーは、以下の12です。

  • ★ 前立腺がんの記録(全般)
  • ★その他
  • ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)
  • ★免疫
  • ★家族の心境
  • ★患者本人の心境(患者仲間も含む)
  • ★投薬の記録(ドセタキセル以外)
  • ★放射線治療(35回)
  • ★痛みの症状と治療
  • ★治療の副作用
  • ★転移(疑われるものも含む)
  • ★食生活
  • 医学は毎日進歩しています。
    現在はもっと良い状況になっている可能性があります。

    最新の情報は、泌尿器科の医師におたずねください。
    これからも、いろいろな記録を記事にしていきます。
    お役に立てれば幸いです。

    今日も皆様のご健康を願っております。
    お大事に。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
     ↑↑ にほんブログ村に参加しています。
     このバナーをクリックすると、
    にほんブログ村 → 病気ブログ村 → 前立腺がん へ
    行かれます。
    ほかの方の記事も、ぜひ参考になさってください。

    | | コメント (0)

    2012年6月18日 (月)

    <★>ドセタキセルの使用間隔(抗がん剤、タキソテール)

    これは私の父親が前立腺がんを治療したときの記録です。
    必ずしもすべての患者さんにあてはまるわけではないと思いますが、
    ドセタキセル(タキソテール)を使用する方々の参考になれば幸いです。

       ★   ☆   ★

    今から5年前の平成19(2007)年の4月から、父はドセタキセルの点滴治療を始めました。
    これは、タキサン系の抗がん剤ですが、似ている名前の抗がん剤がありますので、
    混同しないように気をつけてください。

    父の場合、使用間隔は、おおむね4週間に1回でした。
    ただし、祝日などがあると、その後の血液検査ができないことがありました。
    こういう場合は、点滴後に血液検査をする日と祝日が重ならないようにカレンダーを見ながら主治医と相談して、
    点滴の日を決めました。
    よって、必ずしも4週間間隔ではなく、5週間や6週間だったこともありました。
    1週間や2週間のずれがあっても、大きな影響はないようでした。

    しかし、あまりにもそういうことが重なったときは、
    祝日であっても血液検査をしてノイトロジン(あとで触れます)の注射もしました。
    外来は休みなので、泌尿器科の病棟で処置ができるように予定を入れました。

    なお、制吐剤(カイトリルだと記憶していますが別の機会に触れます)や、
    ゾメタ(骨の薬です。これも別の機会に触れます)も、
    毎回一緒に点滴しました。

    最初の3カ月ぐらいは、入退院を繰り返しました。
    白血球の数が減りすぎて、体の抵抗力がとても下がるためです。

    そのあとの2年以上は、通院治療でした。
    ただし、白血球の数が減ることに変わりはないので、
    だいたい2~3週間ぐらいは体の抵抗力も下がりました。
    そこで、あらかじめ週に2回ぐらいは通院の予定を入れて血液検査をしました。

    この血液検査で、白血球の値が低いときは、
    ノイトロジン(簡単に言うと、白血球の数を増やす薬です。詳しくは別の機会に触れます)を注射しました。

    ドセタキセルその他の点滴から3週間ぐらいたつと、
    白血球の値(数)が回復してきてノイトロジン注射は不要になり、
    そのまま帰ることができました。

    刺身などの生ものを食べることや通院以外の外出は、
    白血球の数が回復するまで、控えていました。

    外来で点滴をする場合は、
    受付から、血液検査、診察、点滴、会計が終わるまでで、
    だいたい夕方ぐらいまでかかりました。
    血液検査の結果が出ないと点滴の判断ができないので、
    検査システムの不具合などで、待ち時間が長くなったこともありました。
    血液検査とノイトロジンの注射だけのときは、昼ぐらいには会計が終わりました。

       ★   ☆   ★

    先日、ドセタキセル(タキソテール)の間隔について、
    検索されてこのブログをお読みいただいた方がいらしたので、
    このことを優先して記事にしてみました。

    検索していただいてから、そのテーマで記事にしても、
    「後だしジャンケンじゃろ?」と思われてしまいそうですね。

    しかし、せっかく検索でここに来ていただいたのに、その人の役に立てないのは私にとっても不本意ですので書きました。

    「検索ワード/フレーズ」を見てから、その記事を書くこともあるかと思いますが、なるべくたくさんの記録を記事にしていきます。
    ご参考になれば幸いです。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2012年6月 8日 (金)

    <★> 前立腺がんのカテゴリーを追加しました。

    カテゴリーを追加しました。

    前立腺がんの記録についてのカテゴリーを増やして整理しました。

    カテゴリーに「★」が付いているものが、

    前立腺がんの内容が含まれている記事です。

    記事の冒頭にも、「★」を付けました。

    また、前立腺がんだけの記事には、「 <★> 」を付けてあります。

       ☆   ★   ☆

    追加したカテゴリーは、以下の3つです。

  • ★その他
  • ★免疫
  • ★転移(疑われるものも含む)
  •    ☆   ★   ☆

    現在、前立腺がんに関するカテゴリーは、以下の通りです。

  • ★ 前立腺がんの記録(全般)
  • ★その他
  • ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)
  • ★免疫
  • ★家族の心境
  • ★患者本人の心境(患者仲間も含む)
  • ★投薬の記録(ドセタキセル以外)
  • ★放射線治療(35回)
  • ★痛みの症状と治療
  • ★転移(疑われるものも含む)
  • ★食生活
  • 21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2012年6月 5日 (火)

    <★> 前立腺がんの記事を分類しました。

    前立腺がんの記録についての記事を、

    新しいカテゴリーを作って整理しました。

    カテゴリーに「★」が付いているものが、

    前立腺がんの記事です。

       ☆   ★   ☆

    ★ 前立腺がんの記録(全般)

    ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)

    ★家族の心境

    ★患者本人の心境

    ★投薬の記録(ドセタキセル以外)

    ★放射線治療(35回)

    ★痛みの症状と治療

    ★食生活

       ☆   ★   ☆

    時系列的にはなっていませんが、

    これまで散発的に書いてきた記事を、

    治療の方法や症状で分類してみました。

    これからも具体的な記事を書き足していきます。

    なお、これは私の父の、前立腺がんの治療記録ですが、

    必ずしもすべての患者さんに当てはまるものではありません。

    お役に立てば幸いです。

    21世紀梨


       ☆   ★   ☆

    こちらも参考にしてください。

  • ★ 前立腺がんのカテゴリーを追加しました。

    21世紀梨
  • にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2012年1月21日 (土)

    <★> 前立腺がん、ドセタキセルなど、なかなか更新できずにすみません。

    タキサン系の抗がん剤、ドセタキセル(商品名、タキソテール)について、多くの皆さまからアクセスをいただき、本当にありがとうございます。

    せっかくアクセスしていただいているにもかかわらず、現在は自分持ちのインターネット回線やパソコンがないので、なかなか新しい情報を記事にできず、すみません。

    平成19/2007年4月から、私の父はこの薬を前立腺がんの治療に使っていました。

    個人差があるので一概には言えないのですが、

    父は約2年半もの間、この薬と付き合っていました。

    おおむね4週間に一度の間隔で点滴をしたことや、

    白血球、ノイトロジン(薬)、免疫、体毛の抜け落ちなど、

    これからこの薬を使う患者さんや前立腺がんの患者さんにとって、

    多少の参考になることを願って少しずつ記事にしたいと思います。

    また、ドセタキセルのみならず、ホルモン療法や輸血などのこと、

    父との間で交わしたちょっとした会話なども、

    できるだけ記事にしていきます。

    なにかのお役に立つことができれば幸いと考えます。

    前にも「記事にしていきます」と書きましたが、今は簡単に記事を書ける環境ではないので時間がかかるかと思いますが、これからもよろしくお願いします。

     ★  ☆  ★  ☆  ★

    今日は、新しくリンクを追加しました。

    「生きてる喜び日記 今日も生きているんだもんね!!」

    http://blogs.yahoo.co.jp/yancha828

    です。

    これは、乳がんを患った、岩手県盛岡市の看護師、高橋梨香(旧姓、山内梨香)さんのブログです。

    「がけっぷちナース がんとともに生きる(山内梨香)」や、

    「奇跡のウェディング(高橋梨香)」の著者です。

    最近、何とかして「がけっぷちナース」を読みたいと思っていたんです。

    ところが、本屋さんで探しても、これがなかなか手に入らないんですよね。

    今年に入って盛岡市へ出かけたときに書店をのぞいてみたところ、ようやく見つけることができました。

    お膝元だけあって、宮沢賢治さんたちと一緒に「地元のコーナー」に並んでいました。

    さっそく買い求めて、いまは3分の2ほど読み進んだところです。

    全部読んだら、感想なども記事にしたいと考えています。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2008年12月 9日 (火)

    <★> ドセタキセルが前立腺がんに効いているようです。

    長くなりそうなので、前立腺の記事を別に書くことにしました。

      ☆   ★   ☆   ★   ☆

    前立腺がんは、進行がゆっくりしているので、PSA(腫瘍マーカー)の値が多少変動しても一喜一憂する必要もなく、私のようなグウタラ者でも対応の変化についていくことができます。

    父の抗がん剤の点滴治療は一年半以上、だいたい4週間に一度の間隔で20回以上も続けています。

    この薬が有効なうちは、投薬量や間隔を調節しながら今後も使うことになっています。

    ドセタキセル(商品名:タキソテール)を使っていますが、がん細胞の活動はどうやら抑えることができているようです。

    使い始めた頃は入院治療でしたが、そのころは副作用で髪の毛が抜けたりしました。

    ベッドの枕元には、抜け毛がたくさんあって、入浴すると犬を風呂に入れたときの排水口のようにたくさん抜けました。
    父の頭は、髪の毛を間引きしたような感じでまばらになりました。

    それが半年もしないうちにほとんど抜けなくなって、そのうちすっかり元通りになりました。

    このごろ、薬の影響で考えられるのは、貧血気味になっていて多少の疲れが見られる程度ですね。

    無理な運動をしなければ大丈夫です。

    あとは、がん細胞だけではなく正常な細胞にも抗がん剤の影響があるので、白血球の数が減ってしまいます。
    こちらは注射薬で補います。もちろん白血球を投与するんじゃありませんよ。
    サイトカインの一種(商品名:ノイトロジン)です。

    父の場合は、抗がん剤の投与からだいたい2週間ぐらいで白血球の数が回復します。

    気をつけることといえば、白血球が少ないときは免疫機能が低下しているので、風邪を引かないこととか、新鮮なものを食べることですね。

    あとは普通に生活することができます。

    つぎはまた4週間後に点滴して、この繰り返しです。

    いつもと違った変化があっても、それが一過性のもなら平気です。

      ☆    ★    ☆    ★    ☆

    ところで、人によって病状や薬の効き具合には差があるので、ほかの患者さんには違ったパターンが見られる場合がありますから、21世紀梨の記事はチャランポランだなあって思うのは勘弁してください。

    たとえば薬が効く期間で、

    「平均では、だいたい何年」

    などといわれていても、個人差があるし他の条件が影響することもあるので、自分が平均値に近いとは限りませんのであしからず。

    治療や心身の発達では、比べっこをしてもあんまり意味がありません。

    なんにも手を打たなければそれまでですが、

    先を見通しながら、そのときの、その人の状況に合った対応をすれば、

    それでいいのでR☆

     ◆ ◆ 関連記事、関連カテゴリーなど ◆ ◆

    平成24/2012年6月20日(水)の記事

    <★>ドセタキセルを使ったのは、31回でした(抗がん剤、商品名・タキソテール)

       ★   ☆   ★

    平成24/2012年6月18日(月)の記事

    <★>ドセタキセルの使用間隔

    平成24/2012年1月21日(土)の記事

    前立腺がん、ドセタキセルなど、なかなか更新できずにすみません。

    http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0b71.html

  • ★ 前立腺がんの記録(全般)
  • ★その他
  • ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)
  • ★免疫
  • ★家族の心境
  • ★患者本人の心境(患者仲間も含む)
  • ★投薬の記録(ドセタキセル以外)
  • ★放射線治療(35回)
  • ★痛みの症状と治療
  • ★転移(疑われるものも含む)
  • ★食生活    
  • にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2007年12月31日 (月)

    ★ 今年も1年間ありがとうございました。

    あと6時間で新年です。

    この一年を振り返ってみると、いろいろなことがありました。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    1月には父の 抗がん剤投与 が始まり、食生活が一変しました。

    一時は食べられるものを探すのに苦労するほどでしたが、夏までにはそれも回復して 食欲 が戻りました。

    今では 抗がん剤 が身体になじんできたようで、副作用も小さくなりました。

    これからも戦いは続きます。父をしっかり支えていきます。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    4月には学校と福祉施設を足して2で割ったようなところで働くことになりましたが、予想以上に職場環境が劣悪で一年間の予定を半年残して退職することになりました。

    しかしこの半年で、自分の能力や弱点が浮き彫りにもなり、貴重な苦い体験を今後の社会生活で少しでも生かしていきたいと考えています。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    家庭環境では、夏休みを前にして 姪 っ 子 と 妹 が 一緒 に 生 活 す る ことになりました。

    結婚歴もなく子どももいない私にとって、小学校低学年の子どもとの生活は、これまた貴重な体験です。

    また、教育の分野で研究や仕事をしてきた身としては、願ってもないチャンスでもありました。

    秋には行事や授業参観で学校へ行き、12月には保護者代理で保護者面談にも行きました。

    算数の勉強でつまずきそうになっている姪っ子には、表計算ソフト(エクセル)を使って足し算や引き算を楽しく取り組む作戦も立てました。

    それまで、悔しそうに泣きべそをかきながら繰り上がりや繰り下がりの計算をしていた姪っ子が、楽しそうに勉強する様子を見て、見ている私も嬉しくなったものです。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    さて、暮れも押し迫った12月、悲しい知らせが入ってきました。

    「ブログ友」ともいうべきサッチャンさんが9月から入院されていましたが、11月に黄泉の国へと出発してしまいました。

    昨年の6月にからの付き合いでしたが、サッチャンさんはほぼ毎日このブログに訪れてくださいました。

    特に、

    「人生の日も暮れてしまうぞ」

    というコメントは、私にとって一生忘れ難いものとなりました。

    いくら人間の死亡率が100%であるとはいえ、本当に寂しい限りです。

    サッチャンさん、ありがとうございました。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    そんなわけで、駆け足でこの一年を振り返ってみたのでR☆

    ネタはまだたくさんありますが、きりがないのでこのくらいにしておきます。

    それでは、皆様よいお年を!

    来年も、どうぞよろしくお願いします。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2007年2月27日 (火)

    <★> 一時間半のお出かけ

    さっき帰ってきました。

    一時間半ぐらいでしたが、父にとってはちょっとした気分転換にはなったようです。

    圧迫骨折になってからというもの、自分で車を運転するなんてできませんでしたから、ずっと外へ行かれなくなって、さぞもどかしかっただろうと思います。

    それで、今日は父を車に乗せて隣町まで行って玄米もちを買ってきました。

    前立腺がんの薬の副作用からか、父は食への関心が薄れていました。

    しかも、背骨を骨折してからは体を動かせなったので、父は太り過ぎないように気をつけていて、ほとんど間食をしなくなりました。

    何かを食べたいと言い出すところを見ると、薬も体に馴染んできたのかも知れません。

    これからさっそく「玄米もち」を焼いてみましょう。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2006年7月27日 (木)

    ★ 日程がすべて終了(前立腺がんの放射線治療、35回)

    父の放射線治療がすべて終了しました。

    これからしばらくは、ホルモン療法を続けることになるのかなと思います。

    当の本人は、「かすていら」を作るとかで、だいぶ前に用意してあった材料で木の枠を作るんだと張り切っています。

    5月ごろにも言っていたけど、放射線治療の予定が入ったので、伸び伸びになっていたんです。

    どんな「かすていら」ができるんだろう!?

     ★   ☆   ★   ☆   ★

    そんな中、私は先日うたた寝をしていて、舌の裏側を奥歯の先で傷つけてしまったようです。

    これがまた、痛いこと、痛いこと・・・・・。

    舌を動かすと奥歯の先に患部が接触するので、危なくて動かせません。

    不便ですよ~~~、とても困る。

    話もろくにできないし、食事も満足にできない状態です。

    実際のことはよくわかりませんが、野生の世界ってこういうところから自然淘汰されていくのかと思ってしまいました。

    とにもかくにも、寝て起きたら少しは白いカサブタができていることを期待しています。

    口内炎、早く治れ~~~!

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |