カテゴリー「★家族の心境」の記事

2012年7月 5日 (木)

<★> 前立腺がんのカテゴリーを追加しました(7/5木)。

カテゴリー「★治療の副作用」を追加しました(7/5木)。

前立腺がんの記録についてのカテゴリーを増やして整理しました。

カテゴリーに「★」が付いているものが、

前立腺がんの内容が含まれている記事です。

記事の冒頭にも、「★」を付けました。

また、前立腺がんだけの記事には、「 <★> 」を付けてあります。

   ☆   ★   ☆

追加したカテゴリーは、以下の1つです。

  • ★治療の副作用
  •    ☆   ★   ☆

    現在、前立腺がんに関するカテゴリーは、以下の12です。

  • ★ 前立腺がんの記録(全般)
  • ★その他
  • ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)
  • ★免疫
  • ★家族の心境
  • ★患者本人の心境(患者仲間も含む)
  • ★投薬の記録(ドセタキセル以外)
  • ★放射線治療(35回)
  • ★痛みの症状と治療
  • ★治療の副作用
  • ★転移(疑われるものも含む)
  • ★食生活
  • 医学は毎日進歩しています。
    現在はもっと良い状況になっている可能性があります。

    最新の情報は、泌尿器科の医師におたずねください。
    これからも、いろいろな記録を記事にしていきます。
    お役に立てれば幸いです。

    今日も皆様のご健康を願っております。
    お大事に。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
     ↑↑ にほんブログ村に参加しています。
     このバナーをクリックすると、
    にほんブログ村 → 病気ブログ村 → 前立腺がん へ
    行かれます。
    ほかの方の記事も、ぜひ参考になさってください。

    | | コメント (0)

    2012年6月 8日 (金)

    <★> 前立腺がんのカテゴリーを追加しました。

    カテゴリーを追加しました。

    前立腺がんの記録についてのカテゴリーを増やして整理しました。

    カテゴリーに「★」が付いているものが、

    前立腺がんの内容が含まれている記事です。

    記事の冒頭にも、「★」を付けました。

    また、前立腺がんだけの記事には、「 <★> 」を付けてあります。

       ☆   ★   ☆

    追加したカテゴリーは、以下の3つです。

  • ★その他
  • ★免疫
  • ★転移(疑われるものも含む)
  •    ☆   ★   ☆

    現在、前立腺がんに関するカテゴリーは、以下の通りです。

  • ★ 前立腺がんの記録(全般)
  • ★その他
  • ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)
  • ★免疫
  • ★家族の心境
  • ★患者本人の心境(患者仲間も含む)
  • ★投薬の記録(ドセタキセル以外)
  • ★放射線治療(35回)
  • ★痛みの症状と治療
  • ★転移(疑われるものも含む)
  • ★食生活
  • 21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2012年6月 5日 (火)

    <★> 前立腺がんの記事を分類しました。

    前立腺がんの記録についての記事を、

    新しいカテゴリーを作って整理しました。

    カテゴリーに「★」が付いているものが、

    前立腺がんの記事です。

       ☆   ★   ☆

    ★ 前立腺がんの記録(全般)

    ★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)

    ★家族の心境

    ★患者本人の心境

    ★投薬の記録(ドセタキセル以外)

    ★放射線治療(35回)

    ★痛みの症状と治療

    ★食生活

       ☆   ★   ☆

    時系列的にはなっていませんが、

    これまで散発的に書いてきた記事を、

    治療の方法や症状で分類してみました。

    これからも具体的な記事を書き足していきます。

    なお、これは私の父の、前立腺がんの治療記録ですが、

    必ずしもすべての患者さんに当てはまるものではありません。

    お役に立てば幸いです。

    21世紀梨


       ☆   ★   ☆

    こちらも参考にしてください。

  • ★ 前立腺がんのカテゴリーを追加しました。

    21世紀梨
  • にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2012年1月21日 (土)

    <★> 前立腺がん、ドセタキセルなど、なかなか更新できずにすみません。

    タキサン系の抗がん剤、ドセタキセル(商品名、タキソテール)について、多くの皆さまからアクセスをいただき、本当にありがとうございます。

    せっかくアクセスしていただいているにもかかわらず、現在は自分持ちのインターネット回線やパソコンがないので、なかなか新しい情報を記事にできず、すみません。

    平成19/2007年4月から、私の父はこの薬を前立腺がんの治療に使っていました。

    個人差があるので一概には言えないのですが、

    父は約2年半もの間、この薬と付き合っていました。

    おおむね4週間に一度の間隔で点滴をしたことや、

    白血球、ノイトロジン(薬)、免疫、体毛の抜け落ちなど、

    これからこの薬を使う患者さんや前立腺がんの患者さんにとって、

    多少の参考になることを願って少しずつ記事にしたいと思います。

    また、ドセタキセルのみならず、ホルモン療法や輸血などのこと、

    父との間で交わしたちょっとした会話なども、

    できるだけ記事にしていきます。

    なにかのお役に立つことができれば幸いと考えます。

    前にも「記事にしていきます」と書きましたが、今は簡単に記事を書ける環境ではないので時間がかかるかと思いますが、これからもよろしくお願いします。

     ★  ☆  ★  ☆  ★

    今日は、新しくリンクを追加しました。

    「生きてる喜び日記 今日も生きているんだもんね!!」

    http://blogs.yahoo.co.jp/yancha828

    です。

    これは、乳がんを患った、岩手県盛岡市の看護師、高橋梨香(旧姓、山内梨香)さんのブログです。

    「がけっぷちナース がんとともに生きる(山内梨香)」や、

    「奇跡のウェディング(高橋梨香)」の著者です。

    最近、何とかして「がけっぷちナース」を読みたいと思っていたんです。

    ところが、本屋さんで探しても、これがなかなか手に入らないんですよね。

    今年に入って盛岡市へ出かけたときに書店をのぞいてみたところ、ようやく見つけることができました。

    お膝元だけあって、宮沢賢治さんたちと一緒に「地元のコーナー」に並んでいました。

    さっそく買い求めて、いまは3分の2ほど読み進んだところです。

    全部読んだら、感想なども記事にしたいと考えています。

    21世紀梨

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2009年3月15日 (日)

    <★> もう3月。早いねー。もう年度末です。

    気がつくと、今月に入って最初の記事がこれなんですね。

    早いです。

     ★   ☆   ★   ☆   ★

    前立腺がんは進行が遅いです。

    父は今月に入って24回目のドセタキセルを点滴しました。

    相変わらず元気に過ごしています。

    これで、この薬との付き合いは、だいたい2年ぐらいになります。

    前立腺がんの場合には、すぐに「人生おしまい」などという時代ではなくなりました。

    医学の進歩はめざましいです。

    今のところは、疼痛(とうつう、癌の痛み)もないようです。

    初診からも、前立腺がんだとわかってからも、6年がたちました。

    発見が早いと安心ですが、父の場合は確か、ステージCだったんですよ。

    あんまり早い発見ではなかったようですが、経過はいいです。

    支えるのは楽なことばかりではないんですよね。

    特に神経を使うことが多いです。

    こちらは、頭の中で物事を整理するのが大変です。

    だけど、これからも自分にできることであれば、

    父の力になりたいと考えています。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2008年3月27日 (木)

    ★ 「今年の桜は~」の続き

    「今年の桜はどこで見る?」の続きです)

    ちょうど今年は三世代がそろって暮らしているので、

    父にとってはかわいい孫もいることだし、

    予定が合えばみんなで行かれたらいいなと思っています。

    抗がん剤の影響があれば、父は車から降りられないかも知れませんが、川沿いの桜並木なら、うちからそんなに遠くはないし、多少は楽しめるでしょう。

    別に外を歩き回らなくてもいいんです。

    体の免疫機能には、笑顔が有効であるという話もあります。

    科学的、医学的な視点では、どこまで有効なものかはわかりませんが、

    桜を眺めて心が和めば、また明日からの生活にも元気に臨めることと思います。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2008年3月12日 (水)

    ★ もう3月。患者を看ずに趣味を選ぶ能力

    もう3月になりました。

    こちらでは、まだ日陰に雪の山が残っていますが、

    日差しは暖かく、穏やかな毎日が続いています。

    親父は点滴薬の治療を始めてそろそろ一年です。

    ドセタキセルを使っています。

    よく似た名前の薬がありますが、使っているのは「ドセ」のほうです。

    効果があるうちは、何回でも使うと医師団に言われています。

    病院へは週に1~2回の割合で通っていますが、一緒に行くのはほとんど私です。

    だいたいこういうことは連れ合いがするんでしょうけど、うちのお袋はこういうことのために「じぶんから」自分の予定を調整することはしない人です。

    誰の都合もつかないときに、ようやく自分の都合を変えて動き出すんです。

    後出しジャンケンですね。

    こういう行動が、親父や私の目には、

    「看る気がないのか」

    「渋々と予定を合わせている」

    と映ります。

    完全に感情論ですね。

    これじゃあ、治療の意欲も萎えてしまいます。

     ・ ・ ・ ・ ・ が ん 患 者 な の に 。

    通院するだけでいいなら、付き添いなんて必要ないんです。

    公共の交通機関を使えばいいんです。

    お袋は、カネがねぇー、カネがねぇーとぼやきながら、小遣い稼ぎ程度の予定にしがみついていますが、

    趣味みたいなもんですから、カネなんて言い訳なんです。

    本当にカネが必要なら、働きに出るべきだし、または21世紀梨が仕事に就いて生活費を工面すれば、そんなケチな小遣い稼ぎよりもずっと収入が上がります。

    好きなことをしたいだけなんです。

    だから、「仕事」ではなく、あくまでも「予定」ですね。

    患者を看るのと自分の趣味 ・ ・ ・ ・ ・

     !?  !?  !?  !?  !?

     ・ ・ ・ ・ ・ どっちをとるの?

    道徳の時間じゃあるまいし。

    それとも新しいテレビ番組かね?

    こんなもん、人に聞かれなくたって、

    ちょっと考えればわかるじゃん?

    恨みがあるなんて話も聞いたことないなあ。

     ◆   ◆   ◆

    書いていて、アホらしくなってきた。

    好きなことをしてはいけないと言ってるわけじゃないんです。

    だけど、連れ合いが連れ合いを看ないというのは、おかしい。

    それでも看ないということは、能力の問題 なのかとも思います。

    まもなく新年度の人事異動が発表されると、仕事のチャンスでもあるのですが、家庭内がこの状態では引き受けるかどうかも考えてしまう。

    親父には、つまらんことで我慢なんてさせたくないですよ。

    ろくでもない記事で、すんませんねぇ。

    m(-o-)m

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2007年2月17日 (土)

    <★> 自分ならどうする

    全国各地に「 がんセンター 」がありますが、 がん についての悩みや相談などをインターネットで公開しているところがあります。

    膨大な件数の中から、順に読んでいくと、自分だったらどうするかと考えさせられるものも多いです。

       ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    「子どもができない体であることを理由に結婚を断られた」

    「周りから『2人目は?』と言われるのがつらい」

    「自分の病気のことを、子どもたちにどう説明してよいかがわからない」

    こういうものを読んでいると、

    「あなたならどうしますか?」

    と聞かれているような気がしてきます。

       ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    それで、実際に考えるわけです。

    「自分だったらどうするのか」

       ★  ★  ★

    「子どもができない体であることを理由に結婚を断られた」

    相手の意思なのか、誰かに余計な忠告(?)をされたのかなどの第三者の意思なのかによりますね。

    誰かに何かを言われたからなどというなら、「あなたはどう考えるのか」で判断してほしいことを伝えますね。

    第三者の考えを参考にするのはいいのですが、丸呑みは無意味です。

    相手がそこまで他力本願だとわかっていたら、結婚を考える前に別れますね。

    悪いけど私だって今年で37ですから、そんなに時間はないんです。

    相手本人の意思で結婚を断りたいなら、去るものは追わず。

       ★  ★  ★

    「周りから『2人目は?』と言われるのがつらい」

    少子化とはいわれていますけどね。

    産めない体なので一人っ子で育てますよ。

    という風に、健康上の理由も含めて話しますね。

    連れ合いがつらい思いをすることもあるでしょうから、そのときは自分の持てる力を尽くして守るのが役目だと考えています。

       ★  ★  ★

    「自分の病気のことを、子どもたちにどう説明してよいかがわからない」

    これ、悩みますね。

    何も話さないのは子どもに寂しい思いをさせるし、信頼も失ってしまう。

    ただ、かえって心配をかけると困るので、子どもの様子を見ながら少しずつ話していくのが無難なところでしょうか。

    うちの父は「余計な心配をかけたくない」とよく言います。

      ★   ☆   ★   ☆   ★

    つらいのは本人ですから、周りの者としてはそれを支えるのが役目ですね。

    だから正直言って、「まあ、しょうがないか ・ ・ ・」と思うことが私にもあります。

    支える役目の周りの者としても、本人とは別のつらさがあります。

    それを支えるのは誰なのか。

    どうやってそれを解消するのか。

    自分で自分を支え切れないときが周りの者としてつらさを感じるときでしょうか。

      ★   ☆   ★   ☆   ★

    「本人と周りの者」のほかにも、いろいろあります。

    「周りの者と周りの者」や、「周りの者とその周りの者」ですね。

    父には通院の予定が頻繁に入るので、私は単発の予定でさえ、ろくに入れることができず、ましてフルタイムの仕事になど出られるはずもない状況です。

    そんな状況を知らないまま、または知っていても、「おまえは生活保護でも受けるつもりか」「勤労の義務がある」などと言う人まで出現しました。

    勤労の義務?!?!?

    生活保護 ねえ。

    身近にそういう人がいないから、軽々しく「 生活保護 」なんて言えるんだと思うんです。

    あきれますね。

    人権問題になりますよ。

    父はそんなことは言いませんが、母や兄がそういう変わったことを言います。

    あ~そうですか~。

    やってられない ・ ・ ・まあ、取り合う気もないので構わないのでR★

    自分だったらどうしてほしいかを考えればそれでよく、ひとの頭のハエなんて追わなくたっていいんです。

    これからも、自己満足に陥ることなく、自分に出せる力を惜しむことなく出していこうという考えで行動していきます。

    もちろん進路のことに努力することも、これに含まれるのでR★

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2007年2月12日 (月)

    ★ 2月になりました

    この冬は暖冬なので、東北地方にしては雪が少ないです。

    ところが昨日から久しぶりに雪が降り続いて、冬らしい景色になりました。

    そんな中、うちの父は 前立腺の病状 が 少しずつ変化してきました。

    どうやら、がんが再燃 してきたようです。

    いまのところ、北京オリンピックの2008年頃を目指すといった感じでしょうか?

    これから先のことを考えると、気がかりです。

    父にとっては、治療がだんだんつらくなってくるはずです。

    そうなると、父と一緒に過ごす時間を大切にしたいのですが、これでは南関東の教員採用試験は受けられなくなります。

    南関東なら倍率が低いので、それだけでも採用の可能性が上がります。

    ただ、今年の試験で採用されると、赴任するのが2008年4月以降になるわけです。

    その時期になると、父は 緩和医療の対象になっている可能性が高くなります。

    わかっていて、そんなに遠い土地へ赴任するわけにはいかないからです。

    2007年問題なんていいますが、東北地方の教員採用では、何年か先にその時期が来るようですから、しばらくの間は当てになりませんね。

    採用枠が1人のところへ10人、20人とワイワイ集まってくるのですから、こつこつと努力することぐらいしか対策はないわけです。

     ★   ☆   ★   ☆   ★

    今年に入ってからというもの、こんなことを考えることが多くなりました。

    父に寄り添うことができればそれでいいのか?

    自分の人生を考えると、将来の見通しは立つのか?

    それとも ・ ・ ・ !?

    南関東で採用されたら、両親を一緒に連れて行きましょうかね?

    夢物語だな。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    2006年12月13日 (水)

    ★ 今年の漢字、1位「命」、2位「悠」、3位「生」

    やってきました「今年の漢字」、この一年間は過去に発生した事件の判決なども含めると、命にまつわる出来事がたくさん起きた一年でしたから、納得された方も多いのではないでしょうか。

    (以下は、読売新聞のインターネット版から引用した記事です。)

    今年の漢字は「命」・・・ご出産やいじめ自殺問題など

    1年の世相を表す「今年の漢字」に「命」が選ばれ、12日、京都市東山区の清水寺で、森清範貫主(せいはん・かんす)が特大の色紙に揮毫(きごう)した。

     日本漢字能力検定協会(本部・京都市)の公募に、過去最多の9万2509票が集まり、「命」は8363票だった。秋篠宮ご夫妻に悠仁(ひさひと)さまが誕生されるという明るい話題の一方、いじめ自殺や飲酒運転による死亡事故など、「命の重みを痛感した年」という理由が多かった。2位は「悠」、3位は「生」だった。

    (2006年12月12日20時59分  YOMIURI ONLINE 読売新聞より引用)

    引用記事のとおり、社会ではいろいろな出来事がありました。

    事件や事故のほかにも、親しまれていた有名人も何人かがこの世を去っていきました。

     ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    個人的には、元祖母が他界して寂しくなりましたが、他にも別の祖母が脳梗塞で入院したり、父の通院治療に付き添う機会が多かったり、自分の年齢と進路を絡めて「生きること」を考えたりもしました。

    前立腺がんの父は、見かけ上ではとても元気なのですが、心の中では不安でいっぱいだろうと思います。

    現実的にあと何年ぐらい生きられるのかなどは、今のところはっきりしていませんが、がん患者であることに変わりはなく、本人の言動を額面どおりに受け止めるわけにはいきません。

    昨日の通院に付き添ったとき、

    「この先、オレが結婚する頃、親父は元気でいられるかな」

    と、ふと不安になりました。

    元気でいてほしい。

    生まれた孫と父が戯れる姿を見たい。

    「親を大事にしなさい」だなんて、学校勤務のときなどには児童生徒たちによく話したものですが、当然ながら自分も同じですね。

    感謝やいたわりの気持ちを持って、親を大事にしていきます。

     ★   ☆   ★   ☆   ★

    来る年の漢字は、「幸」、「笑」、「喜」などであってほしいと願う、21世紀梨でした。

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |