カテゴリー「文化・芸術」の記事

2008年5月 8日 (木)

船場吉兆の女将から、面白いご注文

往生際が悪いですねぇ。

高級料亭の船場吉兆(民事再生手続き中)のおかみ湯木佐知子社長(71)が、

新聞やテレビに対して

「食べ残しではなく、残された『お料理』としてほしい」

という「ご注文」を出しました。

これは面白いご注文ですねぇ。

たとえ手をつけなかったとはいえ、もう一回出したんでしょ?

食べ残しだろうが、残されたお料理だろうが、同じじゃん。

船場吉兆の場合は、まず偽装表示で信用を落としていたのだから、このときに料理の使い回しのことも調べを尽くして発表すればよかったんです。

「そのときは知りませんでした。あとでわかったんです」

なんて言っても、言い訳にしか聞こえないし、信じがたいです。

何を言っても、人の口に入るものを使いまわしたことには変わりなく、言い訳や悪あがきにしか聞こえませんね。

 ◇  ◆  ◇  ◆  ◇

そりゃあ、誰にだって間違いはありますよ。

一回の間違いでも信用は落ちますが、支援をしてくれる人だって現れますよね?

だけど間違いを繰り返していれば、信用は落ちていくのが普通でしょう。

支援者は減ってしまいます。

言い訳なんかすればなおさらですね。

かつて、田代まさしさんが事件を起こした後、志村けんさんたちが一度は支援をしてくれました。

そのおかげでせっかく「志村けんのバカ殿様」などに出演して芸能界に復帰することができたのに、彼は執行猶予中に別の事件を起こして逮捕されてしまいます。

もう支援者は現れませんでした。

「あいつは最低な事をしたのだから、もう芸能界から消えてもらいたい」

「二度と芸能界の敷居はまたいでくるな」

桑野信義さんや志村さんからコメントされてしまいました。

もう田代さんは事実上の芸能界引退になってしまいました。

取り戻しかけている信用を失うと、もう一度それを取り戻すのはなかなか難しいことは、田代さんだけでなく、植草一秀さんの例を見てもわかります。

高級料亭なんて私にはあんまり興味もないし縁がなさそうだけど、船場吉兆が社会に及ぼす悪影響は大きいですね。

廃業することになるのかどうかは知りませんが、

信用を失うことは自分のことだけではないことがよくわかります。

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_881f.html

「料理は見るだけでなく、食べて楽しもう」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_a2d7.html

「高級料亭の船場吉兆、客の食べ残しを使い回して信用丸つぶれのまま」

|

2008年4月16日 (水)

「よし、コメを買いに行こう」で思い出した、新美南吉さんのお話

玄米を精米してくれる店へ行こう。

  ! ?

 ! ? !

「買いに」 といえば、

「手袋を買いに」 というお話を思い出しますね。

きつねの親子が出てくるお話です。

お店の人はもちろん人間ですが、きつねの子どもに手袋を売ってくれるお話です。

小学校の2~3年生ごろ、国語の教科書に載っていました。

これは、児童文学の新美南吉(にいみ なんきち、1913-1943)さんの作品のひとつです。

親ぎつねの愛情、

子ぎつねが手袋を買うときの、

「きつねの手です。」

という表現など、

寒い冬が暖かくなるほのぼのとしたお話でした。

特にこの、「きつねの手」が出てきたときの、

「あっ! そっちの手じゃないよ!」

と思わずにはいられない緊張感は忘れられませんね。

この、「あっ」という緊張感は、たれぱんだを積み重ねたときの、

つみたれぱんだの9.5匹が崩れた瞬間よりも大きいですね。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

新美さんの作品といえば、「ごんぎつね」も有名です。

このお話も小学校2~3年生のころ、教科書に載っていました。

「あっ」

という瞬間があるのは似ていますが、

こちらはちょっと話の流れや雰囲気が違いますね。

いま思い出しても、考えさせられます。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

ん? これこそが、教科書の思い出だな。

さっそくトラックバック野郎にトラックバックしよう。

「忘れなれない教科書のアレ」

http://trackbackyaro.cocolog-nifty.com/trackbackyaro/2008/04/post_83bb.html

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

新美南吉さんのお話、なつかしいねぇ。

そんなに昔のことを懐かしむなんて、21世紀梨も歳をとったかな?

さて、コメを買いに行くかな。

玄米に近いコメは、繊維がたくさんあるので体にいいのでR☆

|

2008年4月 7日 (月)

新生活のフレッシュな話

うちの庭ではスイセンの芽が伸びたり、サンシュウの黄色い花がきれいに咲いています。
雪もすっかり融けて、春の風景になりました。

さて、春は入学式の時期ですが、進級の時期でもあります。
姪っ子は小学2年生になりました。
育児というより子育てといったほうがよさそうな年齢になりました。
新学期が始まり、学校へ通う毎日が楽しそうです。

今月に入って小学館の「ちゃお」の発売日になると、
さっそく買ってきて、ちゃおを見ながら何やらポーズをとっています。
ダンスか何かのマネらしいです。
こういう様子を見ていると、子どもっていうのは面白いです。
それからまた、百人一首への興味が戻ってきたようで、
「ひさかたの~」とずっと言っています。
飽きないのかね?

そういう私も、高校の頃に一度は百首全部を暗記していたので、
インターネットで見つけた百人一首のゲームをずっとしています。
趣味というほどのものでもないですが、
ちょっとはまっています。
一度は憶えていたものが、わからないっていうのは悔しいので、

http://kobo.kaikoma.net/karuta/karuta.html

http://ponponponta.com/game/hyakunin.html

↑ここで楽しんでいます。

「小倉百人一首」
風流です。
このゆったりとした雰囲気が、好きですね。

暗記したのは20年ぐらい前ですが、当時のことがいろいろ思い出されてきます。
この句は誰と憶えたとか、何を連想しながら憶えたとか、自分でもそんなことまでよく憶えているなあって思います。
ちょうど昔の歌謡曲を聴くと、そのころのことを思い出すのと似ている感じですね。

なぜかその当時のこととは全然関係ないことも、連想されてきます。
20年前の百人一首と、数年前の恋愛みたいな感情。
どうしてこの人が連想されるのかは、ちょっとわかりません。
まあこの話は賞味期限が切れていますから、いいんですけどね。
もちろん賞味期限は相手のことではありませんよ。

恋愛といえば、森三中(もりさんちゅう)の村上知子さんが結婚したそうですね。
知り合ってから入籍まで、三週間だったかな?
この短さはやっぱり20代ですねえ。
30代にもなると、もう少し吟味しなければ失敗がこわくてできませんね。

いいですねぇ、結婚。

さっき姪っ子とお風呂に入っていたら、

「伯父さんは結婚しないの?」

なんて聞かれましたが、

「ちょっとね、いまそれどころじゃないんだな~」

と答えると、

「でもさ、40歳とか50歳になったら、手遅れなんじゃないの?」

なんて言います。

 ★ ホウ。おぬし、なかなか言うねえ。 ★

「ハハハ、手遅れかぁ。つまりね、自分が結婚したいと思ったときが、タイミングなんだよ」

な~んて答えましたが、

果たして理解できたかどうか?!?!

まあ、今年度もマイペースでいくのでR★

|

2007年2月19日 (月)

藤原さんの結婚式

藤原さんの結婚式が昨日(2月18日(日))の新聞記事に載っていました。

この新郎新婦、まるで雛人形みたいでとても印象的でした。

伝統的な姿もなかなかいいものですね。

まさに日本古来という雰囲気でした。

12月に行ってきた結婚式は、欧米の様式でしたから対照的です。

結婚式は通過点ですから、その後もしあわせに過ごさせることを願っています。

  ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

今のところ、私の身の上にはほとんど関係なさそうです。

病気が進む父と一緒にその日を迎えることはできないかも知れません。

就職や結婚など、あれもこれも、父が元気なうちにと思っても、現実には難しいことでしょう。

心苦しいばかりです。

|

2006年12月13日 (水)

★ 今年の漢字、1位「命」、2位「悠」、3位「生」

やってきました「今年の漢字」、この一年間は過去に発生した事件の判決なども含めると、命にまつわる出来事がたくさん起きた一年でしたから、納得された方も多いのではないでしょうか。

(以下は、読売新聞のインターネット版から引用した記事です。)

今年の漢字は「命」・・・ご出産やいじめ自殺問題など

1年の世相を表す「今年の漢字」に「命」が選ばれ、12日、京都市東山区の清水寺で、森清範貫主(せいはん・かんす)が特大の色紙に揮毫(きごう)した。

 日本漢字能力検定協会(本部・京都市)の公募に、過去最多の9万2509票が集まり、「命」は8363票だった。秋篠宮ご夫妻に悠仁(ひさひと)さまが誕生されるという明るい話題の一方、いじめ自殺や飲酒運転による死亡事故など、「命の重みを痛感した年」という理由が多かった。2位は「悠」、3位は「生」だった。

(2006年12月12日20時59分  YOMIURI ONLINE 読売新聞より引用)

引用記事のとおり、社会ではいろいろな出来事がありました。

事件や事故のほかにも、親しまれていた有名人も何人かがこの世を去っていきました。

 ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

個人的には、元祖母が他界して寂しくなりましたが、他にも別の祖母が脳梗塞で入院したり、父の通院治療に付き添う機会が多かったり、自分の年齢と進路を絡めて「生きること」を考えたりもしました。

前立腺がんの父は、見かけ上ではとても元気なのですが、心の中では不安でいっぱいだろうと思います。

現実的にあと何年ぐらい生きられるのかなどは、今のところはっきりしていませんが、がん患者であることに変わりはなく、本人の言動を額面どおりに受け止めるわけにはいきません。

昨日の通院に付き添ったとき、

「この先、オレが結婚する頃、親父は元気でいられるかな」

と、ふと不安になりました。

元気でいてほしい。

生まれた孫と父が戯れる姿を見たい。

「親を大事にしなさい」だなんて、学校勤務のときなどには児童生徒たちによく話したものですが、当然ながら自分も同じですね。

感謝やいたわりの気持ちを持って、親を大事にしていきます。

 ★   ☆   ★   ☆   ★

来る年の漢字は、「幸」、「笑」、「喜」などであってほしいと願う、21世紀梨でした。

にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

|

2006年11月 7日 (火)

きっと、いじめは解決するよ。どうか、生きてほしい。

「いじめが原因で自殺する」という内容の手紙が文部科学省の伊吹文明大臣あてに届いたと、一部で報道されました。

あなたは、とてもつらい思いをしてきたんですね。

だから関係する人たちみんなに手紙を書いたんですよね。

こういう手紙を書かないと問題が解決されないとは、とても残念なことです。

あなたが書いた7通もの手紙をきっかけに、あなたの周りにいる人たちが、強く反省することを願っています。

周りの大人には、

「なんとかしなければ」

とすぐに問題解決のために立ち上がってほしい。

それに、いじめをしている児童・生徒には、今までの行動を考え直して、

「いじめるのはやめよう」

という考えをしっかり持ってほしい。

手紙を書いたあなたには、

 ぜひ、生きてほしい !!!

だれだって、せっかく生まれてきたんです。

自分の命も、だれかの命も、みんなかけがえのない命なんです。

こんなにつらい思いをしたまま、短い人生で終わってしまうなんて、悲しすぎるじゃありませんか。

 どうか、生きてほしい。

| | コメント (2)