カテゴリー「恋愛」の記事

2012年6月 5日 (火)

<★> 前立腺がんの記事を分類しました。

前立腺がんの記録についての記事を、

新しいカテゴリーを作って整理しました。

カテゴリーに「★」が付いているものが、

前立腺がんの記事です。

   ☆   ★   ☆

★ 前立腺がんの記録(全般)

★ドセタキセル(抗がん剤、商品名:タキソテール)

★家族の心境

★患者本人の心境

★投薬の記録(ドセタキセル以外)

★放射線治療(35回)

★痛みの症状と治療

★食生活

   ☆   ★   ☆

時系列的にはなっていませんが、

これまで散発的に書いてきた記事を、

治療の方法や症状で分類してみました。

これからも具体的な記事を書き足していきます。

なお、これは私の父の、前立腺がんの治療記録ですが、

必ずしもすべての患者さんに当てはまるものではありません。

お役に立てば幸いです。

21世紀梨


   ☆   ★   ☆

こちらも参考にしてください。

  • ★ 前立腺がんのカテゴリーを追加しました。

    21世紀梨
  • にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    | | コメント (0)

    2008年4月20日 (日)

    玉木宏さんと島谷ひとみさん

    なんと、9月から交際していた玉木さんと島谷さんの二人が、約半年で婚約→結婚することなく、

    別れてしまいました。

    玉木さんは、フジテレビ系のドラマ「鹿男あをよし」の主役や「Bridge」や「抱きしめたい」のレコーディングなど、

    島谷さんは、ユーミンソング・ミュージカル「ガールフレンズ」の主役などで、

    それぞれ忙しすぎるために、最近ではすれ違いばかりの日々だったそうです。

    この二人、このあとさらに舞台活動やNHK大河ドラマが控えており、

    今後もすれ違いが続きそうだと考えたんでしょうね。

    忙しすぎるために、別れなきゃならないなんて、もったいない話ですね。

    芸能人じゃなければ、この関係は実を結んでいたのかも知れません。

    今回は、二人とも仕事を選んだことになります。

    まあ残念だけど仕方ないですね。

    こういう仕事の場合は、そのときしかできないものも多いから、

    「もうやめます」とでも決断しない限りは、きっと悩みますね。

    どんな家庭にしたいのか、どんな生活をしたいのかなどの価値観によって、

    仕事のあり方も変わってきます。

    自分の価値観をしっかり持ちたいものでR☆

    |

    2008年4月11日 (金)

    あ。誕生日だ。

    4月11日

    あ。

    彼女の誕生日だ。

    「『あ。』じゃなくて『あぁっ!』でしょ!」

    「のんきなことを言ってる場合じゃん!」

    って思うでしょう?

    いや、その、彼女といっても、
    「付き合っている人」っていうわけじゃなくて、
    あの人っていう意味なんですよ。

    その人は同じ街に住んでいるはずですが、もう10年以上も音信普通なので、
    今となってはどこで何をしているのかも、結婚しているのかも、お互いにわかりません。

    何しろ連絡を取らなくなってから10年以上、たぶん12年ぐらいですからね。

    恋人付き合いはしませんでしたが、手紙もたくさん書いたし電話もたくさんしました。

    今と違って携帯電話なんてないから、女の子に自宅に電話をかけるでしょ?

    だから、ちょっとしたスリルみたいなものがありましたよ。

    「うわぁ、親父さんが出たらどうしよう」

    とかね。

    それに電話番号だって、まだ憶えていますよ。
    携帯電話みたいに登録なんてしないから、頭に染み着いちゃっています。
    ****-***-***
    ↑後ろのほうの桁数が3+3なのでちょっと変ですが、こういう桁数で憶えていました。

    結局、いつまでたっても恋人づきあいする気にはなれず、訣別したわけではないけど自然に別れました。

    「好きだったんだけどなあ。」
    って思いますが、それは「だった」に過ぎない程度のものでした。

    なんだかね、「この人と付き合いたい」っていう決め手みたいなものに欠ける感じだったんですね。
    そんなわけで、付き合わなかったんです。

    だけど確実に、「この人のおかげで今の自分がある」っていう人物の一人ですね。

    元気にしているかな?

    20代の思い出のひとつなのでR★

    |

    2008年4月 9日 (水)

    <★> 明日は通院でR★

    さて、明日は父の通院です。

    このごろは、抗がん剤を点滴した副作用で白血球の値が一時的に下がります。

    点滴した日も入れて数えると、だいたい10日前後のころが一番下がりますね。

    白血球の値が下がると、免疫機能が低下するので、体の抵抗力が下がります。

    これが一番の問題ですね。

    そこで、血液検査をして調べるわけです。

    もし、白血球が低い値だったら、注射で対応します。

    白血球以外のものは、ヘモグロビンなども検査しています。

    やや貧血気味とは言われていますが、今のところ、大したことはないようです。

    ほかに抗がん剤の影響といえば、疲れやすいですかね。

    この前はトイレの中でいびきをかいて眠っていました。

     ☆   ☆   ☆

    ところで、もともと私は無頓着なのですが、父と一緒に何度も病院通いをしていると、

    医師や看護師さんとも顔見知りになるので、

    いくら私でも、髪の毛をジェルで固めたりして、少しは身だしなみに気をつけるようになります。

    幼稚なんでしょうね!?

    いや、あの、恋愛にはあんまり関係ないつもりですけど、日ごろから身だしなみに気をつけようと思っているだけですよ、ハイ。

    ときどき病院内の人事異動で職員は入れ替わってしまいますが、

    動機はどうあれ、結果的には人に見られることで自分のためにもなっているんだろうと勝手に考えているのでR☆

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |

    恋愛の記事ね。

    恋愛したいですね。

    やっぱり本心は隠せないっていうことかも知れません。

    さっきの記事、恋愛に全然関係ないのにカテゴリーを間違えちゃいましたねー。

    どっちかっていうと、恋愛に少しは関係があるのは、

    http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_6b2b.html

    ↑こっちじゃなくて、↓こっちですね。

    http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3464.html

    ↑ここにも大したことは書いていませんけど。

    自信の無さや自分の考えを持っていないなんていう理由だけで、いつまでも尻込みしていると、

    本当に手遅れになったりしそうです。

    他力本願もいけませんね。

    経済的なことなどの、生活の安定を考えるとまだ結婚は考えていませんが、

    そんなことをいつまでも言ってはいられないし、

    のんびりしていていいのかと思っても、今の家庭の状態のこともあるし、

    簡単には身動きできそうにない (-o-)

    だけど自分自身もこんな明け方までゴソゴソ起きているのでR★

    不健康だねー (。。)(°°)(。。)(°°)

    さてと、わけのわからんことを、いつまでもぼやいてばかりいないで、

    米でも研いで、さっさと寝よう。 Z Z Z 。・。・。・

    あ、コメだ、コメ ・ ・ ・ (^^;

    うちで食べているのは玄米に近いんですよ~

    体にもいいし、なかなかおいしいです。

    |

    2008年4月 8日 (火)

    お風呂で世界地図

    子どもは面白いですねぇ。

    昨日、めずらしく姪っ子と一緒に入浴しましたが、今日もでした。

    濡れた壁に貼り付ける世界地図で楽しみました。

    その地図には、国の名前と首都の名前が書かれています。

    姪っ子はその地図が気に入ったらしく、熱心に見入っています。

    これはちょっとした勉強になりますね。

    知らない名前もたくさんあるようで、姪っ子が地名を読むのを聞いていると、

    妙な固有名詞(?)が出てきます。

    「だいみんかんこく」

    と読む姪。

     ! ?

    「もう一回、読んでみな」

    しかし ・ ・ ・

    「だいみんかんこく」

     ! ? ! ?

    「それは、『だいかんみんこく』だよ」

    地図には「大韓民国」と漢字で書かれ、読み仮名もつけてあります。

    「ツルバ」

     ! ?

    「そりゃ、ツバルだね」

    さて、長い名前だと、慎重に読むようで、この国は読めました。

    「ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく」

    子どもは楽しいです。

    それにしても彼女、お風呂に入っても、よく喋ります。

    湯船の中だろうが洗っているときだろうが、

    ずう~っとですよ。

    女の子だからでしょうかね?

    やっぱり楽しいのでR☆

    |

    2008年4月 7日 (月)

    新生活のフレッシュな話

    うちの庭ではスイセンの芽が伸びたり、サンシュウの黄色い花がきれいに咲いています。
    雪もすっかり融けて、春の風景になりました。

    さて、春は入学式の時期ですが、進級の時期でもあります。
    姪っ子は小学2年生になりました。
    育児というより子育てといったほうがよさそうな年齢になりました。
    新学期が始まり、学校へ通う毎日が楽しそうです。

    今月に入って小学館の「ちゃお」の発売日になると、
    さっそく買ってきて、ちゃおを見ながら何やらポーズをとっています。
    ダンスか何かのマネらしいです。
    こういう様子を見ていると、子どもっていうのは面白いです。
    それからまた、百人一首への興味が戻ってきたようで、
    「ひさかたの~」とずっと言っています。
    飽きないのかね?

    そういう私も、高校の頃に一度は百首全部を暗記していたので、
    インターネットで見つけた百人一首のゲームをずっとしています。
    趣味というほどのものでもないですが、
    ちょっとはまっています。
    一度は憶えていたものが、わからないっていうのは悔しいので、

    http://kobo.kaikoma.net/karuta/karuta.html

    http://ponponponta.com/game/hyakunin.html

    ↑ここで楽しんでいます。

    「小倉百人一首」
    風流です。
    このゆったりとした雰囲気が、好きですね。

    暗記したのは20年ぐらい前ですが、当時のことがいろいろ思い出されてきます。
    この句は誰と憶えたとか、何を連想しながら憶えたとか、自分でもそんなことまでよく憶えているなあって思います。
    ちょうど昔の歌謡曲を聴くと、そのころのことを思い出すのと似ている感じですね。

    なぜかその当時のこととは全然関係ないことも、連想されてきます。
    20年前の百人一首と、数年前の恋愛みたいな感情。
    どうしてこの人が連想されるのかは、ちょっとわかりません。
    まあこの話は賞味期限が切れていますから、いいんですけどね。
    もちろん賞味期限は相手のことではありませんよ。

    恋愛といえば、森三中(もりさんちゅう)の村上知子さんが結婚したそうですね。
    知り合ってから入籍まで、三週間だったかな?
    この短さはやっぱり20代ですねえ。
    30代にもなると、もう少し吟味しなければ失敗がこわくてできませんね。

    いいですねぇ、結婚。

    さっき姪っ子とお風呂に入っていたら、

    「伯父さんは結婚しないの?」

    なんて聞かれましたが、

    「ちょっとね、いまそれどころじゃないんだな~」

    と答えると、

    「でもさ、40歳とか50歳になったら、手遅れなんじゃないの?」

    なんて言います。

     ★ ホウ。おぬし、なかなか言うねえ。 ★

    「ハハハ、手遅れかぁ。つまりね、自分が結婚したいと思ったときが、タイミングなんだよ」

    な~んて答えましたが、

    果たして理解できたかどうか?!?!

    まあ、今年度もマイペースでいくのでR★

    |

    2008年1月 7日 (月)

    結婚しないの?

    おととい(1/5土)、姪っ子に

    「伯父さんは結婚しないの?」

    なんて言われましたが、

    「今それどころじゃないんだよね」

    家庭の中が浮き足立っていて落ち着かないし、そういう相手もいないので、

    しばらくの間、結婚の予定はありません。

    人間は生物ではあっても動物ではないので、

    相手は誰でもいいですとは言えないのでR★

    |

    2007年2月19日 (月)

    藤原さんの結婚式

    藤原さんの結婚式が昨日(2月18日(日))の新聞記事に載っていました。

    この新郎新婦、まるで雛人形みたいでとても印象的でした。

    伝統的な姿もなかなかいいものですね。

    まさに日本古来という雰囲気でした。

    12月に行ってきた結婚式は、欧米の様式でしたから対照的です。

    結婚式は通過点ですから、その後もしあわせに過ごさせることを願っています。

      ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    今のところ、私の身の上にはほとんど関係なさそうです。

    病気が進む父と一緒にその日を迎えることはできないかも知れません。

    就職や結婚など、あれもこれも、父が元気なうちにと思っても、現実には難しいことでしょう。

    心苦しいばかりです。

    |

    2007年2月17日 (土)

    <★> 自分ならどうする

    全国各地に「 がんセンター 」がありますが、 がん についての悩みや相談などをインターネットで公開しているところがあります。

    膨大な件数の中から、順に読んでいくと、自分だったらどうするかと考えさせられるものも多いです。

       ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    「子どもができない体であることを理由に結婚を断られた」

    「周りから『2人目は?』と言われるのがつらい」

    「自分の病気のことを、子どもたちにどう説明してよいかがわからない」

    こういうものを読んでいると、

    「あなたならどうしますか?」

    と聞かれているような気がしてきます。

       ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

    それで、実際に考えるわけです。

    「自分だったらどうするのか」

       ★  ★  ★

    「子どもができない体であることを理由に結婚を断られた」

    相手の意思なのか、誰かに余計な忠告(?)をされたのかなどの第三者の意思なのかによりますね。

    誰かに何かを言われたからなどというなら、「あなたはどう考えるのか」で判断してほしいことを伝えますね。

    第三者の考えを参考にするのはいいのですが、丸呑みは無意味です。

    相手がそこまで他力本願だとわかっていたら、結婚を考える前に別れますね。

    悪いけど私だって今年で37ですから、そんなに時間はないんです。

    相手本人の意思で結婚を断りたいなら、去るものは追わず。

       ★  ★  ★

    「周りから『2人目は?』と言われるのがつらい」

    少子化とはいわれていますけどね。

    産めない体なので一人っ子で育てますよ。

    という風に、健康上の理由も含めて話しますね。

    連れ合いがつらい思いをすることもあるでしょうから、そのときは自分の持てる力を尽くして守るのが役目だと考えています。

       ★  ★  ★

    「自分の病気のことを、子どもたちにどう説明してよいかがわからない」

    これ、悩みますね。

    何も話さないのは子どもに寂しい思いをさせるし、信頼も失ってしまう。

    ただ、かえって心配をかけると困るので、子どもの様子を見ながら少しずつ話していくのが無難なところでしょうか。

    うちの父は「余計な心配をかけたくない」とよく言います。

      ★   ☆   ★   ☆   ★

    つらいのは本人ですから、周りの者としてはそれを支えるのが役目ですね。

    だから正直言って、「まあ、しょうがないか ・ ・ ・」と思うことが私にもあります。

    支える役目の周りの者としても、本人とは別のつらさがあります。

    それを支えるのは誰なのか。

    どうやってそれを解消するのか。

    自分で自分を支え切れないときが周りの者としてつらさを感じるときでしょうか。

      ★   ☆   ★   ☆   ★

    「本人と周りの者」のほかにも、いろいろあります。

    「周りの者と周りの者」や、「周りの者とその周りの者」ですね。

    父には通院の予定が頻繁に入るので、私は単発の予定でさえ、ろくに入れることができず、ましてフルタイムの仕事になど出られるはずもない状況です。

    そんな状況を知らないまま、または知っていても、「おまえは生活保護でも受けるつもりか」「勤労の義務がある」などと言う人まで出現しました。

    勤労の義務?!?!?

    生活保護 ねえ。

    身近にそういう人がいないから、軽々しく「 生活保護 」なんて言えるんだと思うんです。

    あきれますね。

    人権問題になりますよ。

    父はそんなことは言いませんが、母や兄がそういう変わったことを言います。

    あ~そうですか~。

    やってられない ・ ・ ・まあ、取り合う気もないので構わないのでR★

    自分だったらどうしてほしいかを考えればそれでよく、ひとの頭のハエなんて追わなくたっていいんです。

    これからも、自己満足に陥ることなく、自分に出せる力を惜しむことなく出していこうという考えで行動していきます。

    もちろん進路のことに努力することも、これに含まれるのでR★

    にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
    にほんブログ村

    |