カテゴリー「ニュース」の記事

2011年3月24日 (木)

平成23年東北地方太平洋沖地震 「一緒に○○しますよ」って言ってくださると嬉しいです。

皆様がご存じのとおり、

平成23年3月11日(金)14:46頃、巨大地震が発生しました。

あれからすでに明日25日(金)で2週間になります。

現在、私は宮城県内に住み、仕事をしておりますが、

全国各地、世界各地から多くのご支援をいただき、被災者の一人として皆様には厚く御礼申し上げます。

 ◆ ◆  ◆ ◆  ◆ ◆

先日は、宮城県の石巻市内で避難所の支援をしてきました。

ここは、周りの風景を見る限り、大津波が襲ってきたことなど想像もつかないほど、のどかでした。

しかし、そこからほんの数キロ離れた地域では、

「目の前でたくさんの人が流されてしまったが、どうすることもできなかった」

「街中が、がれきの山になっている」

などと壮絶な体験をなさった方々が大勢いました。

こうしたお話を直接伺うと、報道で知る以上に悲惨さが胸に突き刺さってきました。

高速道路に接続する幹線道路などでは、富山県や石川県からの給水車、北海道からの救急車や特殊消防車、名古屋からの救急車、東海北陸地方からの電力会社の作業車など、

災害復旧支援に来てくれた車をたくさん見かけました。

本当にありがとうございます。

 ◆ ◆  ◆ ◆  ◆ ◆

お願いがあります。

「がんばれ」って言わないでください。

被災者向けのメッセージに、

「どうか、頑張ってください」

ってよくテレビやラジオで流れています。

お気持ちはありがたいのですが、ちょっと違うと思うのです。

「受験生の皆さん、頑張ってください」

って言うのも同じなんです。

 ◆ ◆  ◆ ◆  ◆ ◆

「私はこういうところを頑張るから、あなたも頑張ってね」

と、考えてほしいんです。

例えば、

食料、電気やガソリンなどが不足しています。

「一緒に節約しますよ」

って言ってくださると、こちらの被災者も嬉しいことと思います。

 ◆ ◆  ◆ ◆  ◆ ◆

おかげさまで、21世紀梨は無事でした。

ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

福岡県内で犬の拉致事件です。家族同然の犬が連れ去られました。

トラックで犬を連れ去る、拉致事件が発生しました。
赤茶色と黒のヨークシャーテリアと、白のマルチーズの2頭で、いずれもメスです。
写真つきで被害者ぽーじさんのブログを原文のまま引用します。
  。  。  。
以下、引用した記事です。
  。  。  。
  ◆   ◆   ◆
8月20日(木)、今日の朝、嫁が庭の芝生のところ(プチドッグランにしているところ)で遊ばせていて、ちょっと目を放した隙に、白いトラックに乗った男(らしいです)が何かを捕まえていたそうです。
嫁がそれに気づいて、「何してるんですか!」と言ったら、トラックの助手席のドアからもことゆずが飛び降りてきて、そのままドアを閉めて車が走り去ったそうです。
急いで走り回るもことゆずを捕まえて数を数えたら、2匹足らない…。

ききとねねが、連れ去られてしまいました。

心当たりのある方は、どうかうちのブログにコメントを宜しくお願いします。
ききはヨークシャーテリアで♀、体重1.6キロ。


ねねはマルチーズで♀、体重2.6キロです。


不特定多数の方に見られるため連絡先はかけないのですが、どうか見かけた方はこのブログまでご連絡下さい!謝礼はいたします。
それとブロガーの方々、勝手なお願いと思いますが、この記事を取り上げていただければ幸いです。
大切な家族です。
散々探し回りましたが、見つかりません。
被害届も出しました。
チラシも配ります。
どうか、どうかお願いします。
   ◆   ◆   ◆
以上、引用終わり。
  。  。  。
◆この記事の投稿日時
2009-08-20 18:44:35
  。  。  。
◆この記事の題名とURL
探しています!!!
http://blog.goo.ne.jp/milkmirumiru6/e/0ade16c58c50358b9f53662ce376409c
  。  。  。
◆このブログの名前とURL
パピーのもこちゃん♪
http://blog.goo.ne.jp/milkmirumiru6
  。  。  。
◆このブログの管理者
ぽーじ さん
  。  。  。
◆この記事の続報
(以下、この記事のコメント欄から管理者さんのコメントを原文のまま引用)
  。  。  。
2009-08-21 20:08:16
皆さんありがとうございます。保健所に聞いてもいませんでしたし、近所に聞き込んだりしても手がかりはないし…。
肝心の嫁の記憶があいまいで、犯人らしき男やトラックの形が「これだ!」と断言できるものを発見できずにいます…。
チラシも配りましたが、効果が出るかどうか…。
今日も周囲をぐるぐる回っていました。
皆さんのお気持ちが、身にしみます。
まとめてコメントですみません。
今は、これが精一杯です。
頑張って探しています。

  。  。  。
   ◆   ◆   ◆
以上、続報の引用終わり。
  。  。  。
お心当たりの方は、ぽーじさんのブログまでご連絡ください。
  。  。  。
4年前までは、うちにも犬がいました。
15年以上も家族同然の暮らしをしていたので、
ぽーじさんたちのお気持ちも少しはわかります。
拉致なんて絶対に許せません。
この犯人の行為は、
北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の拉致事件と同じようなものです。
一日も早く、ききちゃん、ねねちゃんの2頭がもとの生活に戻れることを、
心より願っています。
北朝鮮に拉致された被害者や家族の方々に対しても、もちろん同じ願いです。
選挙だ、議席だ、などと世間では騒がれていますが、
北朝鮮の拉致事件なんてほったらかしに見えるし、
動物愛護を考えると、法的にも動物をモノ扱いせずにもっと大切に捉えるべきですね。
みんな早く見つかれ!

|

2009年4月24日 (金)

SMAPの草なぎ剛さん逮捕。つよぽん、どうしちゃったのさ?

SMAPの草なぎ剛さんが逮捕されてしまいました。

とても残念です。

草彅剛容疑者 ・ ・ ・

高校時代は無遅刻無欠席、品行方正で表彰までされたのに、

つよぽん、どうしちゃったのさ?

未明の公園で、泥酔状態で一人で騒ぎ、全裸になっていたそうで、

「裸になって何が悪い」と警察官に言ったとか、

公然わいせつ罪、

逮捕されるときは、足をバタつかせながら、「シンゴー、シンゴー(香取慎吾さんのことらしい)」と叫んでいた、

などと報道されています。

一夜にして容疑者と呼ばれるようになってしまいました。

芸能界のことはあんまりよくわからない私ですが、

地上デジタル放送の広報が毎日あちこちの放送局で流されているので、

さすがに、「ああ、『♪あっちこっち地デジ』の人だな」ってわかります。

鳩山総務大臣も地デジのイメージキャラクターから降板させて、

CMの放送は中止、ポスターや関連グッズはすべて回収の指示を出しました。

まあ、それはそうするしかないでしょう。

それより、どうしてこんなことになっちゃったんだろう。

どこの世界にいたって、疲れることもあるし、失敗もある、間違ったことをしてしまうこともあるんだということですね。

有名人だとか、人気があるとかないとか、どんな仕事をしているとか、

あんまり関係ないような気がします。

今回は社会に与える影響が大きいですが、

普通だったら騒がれないだけで、ときどき報道されてはそのうちに忘れ去られているんですね。

だけどこういうことは誰にだって起こりうると思うんです。

それには、本人の性格や行動パターン、生活パターンなどが関係しているかも知れません。

自分たちの身の上にも、可能性は潜んでいるわけですから、

日ごろから気をつけたいものだと考えさせられます。

 ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

↑ ↑ ↑

なんか小学生が書いたみたいな記事だな。

このごろ、そう思うことがあるのでR★

|

2009年1月10日 (土)

俳優の牟田悌三さんが、慌ただしく天国へ出発していきました。

テレビドラマの「ケンちゃんシリーズ」で父親役を演じた、俳優の牟田悌三(むた・ていぞう)さんが、80歳で天国へ行ってしまいました。

ちょっと信じ難い。

正直に言って、信じたくないですね。

牟田さんと聞いて、

「え~と、誰だったかな?」

と思っても、

「ケンちゃんシリーズのお父さん役をした人で頑固だったほうの人」

と言われれば、

「ああ、あの人!」

って思い出す人も多いことでしょう。

あのドラマの中で、子どもたちを厳しく叱る場面、子どもたちを暖かく包み込む場面などがとても印象に残っています。

ストーリーを思い出せなくても、雰囲気を覚えているような感じです。

まだ新しい年が始まったばかりだというのに、寂しいことです。

去年は、緒方拳さん、筑紫哲也さん、赤塚不二夫さん、水野晴郎さん、飯島愛さん、まだほかにもたくさんの方々が亡くなってしまいました。

個人的な付き合いがなくても、長年慣れ親しんだ人を失うのは寂しいです。

また、飯島さんのような自分の同年代を失うショックも大きいです。

30代後半でもこんな風に感じるのですから、60代後半の父もやっぱり同じような寂しさを感じるのかなと、ふと思うことがあります。

生まれたら死ぬのは確かですが、それは勘弁してほしいと思ったり、避けられないことに怖さを感じてしまう。

それが普通の人間なんでしょうね。

毎日を大切に生きたいものだとつくづく考えさせられます。

我々の人生には限りがあるからこそ、質を高めようとしたり、夢を実現したいと考えるのでしょうね。

踏ん張り抜くのでR☆

|

2008年11月19日 (水)

★ 今年も初雪が降りました。

しばらくの間、記事もろくに書かず、いつのまにか雪の季節になりました。

今日は雨が降ったり、みぞれが降ったり、雪が降っていました。

雨の音がするなあって思っていて、それが静かになると雪に変わっていたりします。

うちの姪っ子は、雪が降るのを昨日の夜から楽しみにしていて、今朝になったら外が雪で真っ白になっていたので、大喜びだったみたいです。

そのとき私はまだ寝ていたのでわかりません。(-o-)

 ★   ☆   ★

父の具合は、相変わらず穏やかです。

季節の変わり目が病人にはよくないとよく言われるのですが、今度の変わり目もこの調子で乗り越えられればいいなあと思っています。

4週間に一度の点滴治療も、ずっといつもと同じ調子で続いています。

抗がん剤は、体への影響が心配ですが、ほんの少しだけ顔がむくんで見えるのと多少疲れやすい程度です。

いつまでも元気でいてほしいのはもちろんですが、現実的には父が元気なうちに自分ができることはなんだろうかと考える毎日ですね。

 ★   ☆   ★

先日まで2ヶ月ほど、久しぶりに学校の仕事をしてきました。

それはもう、楽しかったですよ。

今回の職場は、知的障害養護学校の小学部でした。

特別支援教育の世界は、あまり知られていない様子もたくさんあるのですが、なかなか楽しいところです。

子どもたちの楽しそうな笑顔を見るたびに、やっぱりお引き受けしてよかったなと、いつも感じていました。

言葉があんまり出なくても、身振りや手振りで自分の気持ちを伝えようとしたり、

こちらの働きかけを理解して行動することができたりと、

独特なコミュニケーションが展開されています。

これが伝わったときに感じる喜びは格別のものです。

帰るときに必ずアカンベーをしていく子どももいました。

もちろん、わざとですよ、あれは。

21世紀梨には、アカンベーをしてその反応を楽しもうというわけですね。

冗談が通じるほどの能力があるともいえます。

また、心が通い合って信頼関係ができている証拠でもあり、この仕事をしていて私が喜びを感じることのひとつです。

障害の程度や種類はそれぞれですが、伝わらないように見えてもそれなりの手段をもってすれば伝わるわけです。

子どもたちが同じ社会の一員として生きていくことができるように、力をつけていく支援をしていきたいと考えます。

同じ学校で働く機会が多いのですが、そろそろ新しい職場(学校)で働くのもいいかなとも考えています。

いつまでも同じところにいると、マンネリ化してくるのでR★

にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

|

2008年8月 3日 (日)

赤塚不二夫さん、さようなら

「天才バカボン」や「ひみつのアッコちゃん」などの作品で知られる漫画家の赤塚不二夫さんが、昨日(8月2日)の午後に亡くなりました。

72歳でした。

赤塚さんといえば、「もーれつア太郎」や「おそ松くん」などの作品も有名ですが、

テレビアニメで特に私が親しんだものは、やっぱり「天才バカボン」ですね。

話の内容はよく覚えていませんが、

「これでいいのだ」

「お出かけですか? レレレノレ」

などの、いつもよく出てくるお決まりのセリフは毎回とても楽しみでした。

 ★   ☆   ★

アニメの内容で憶えているのは、

パパが習字をしていて、「売家」という字を書いたところ、上手に書けたからみんなにも見せるのだ、と言って自分の家の門柱に貼り付けた。

すると、通りがかった人に「この家を買いたい」と言われ、家中のみんなが驚いて大騒ぎになってしまった。

というお話ですね。

 ★   ☆   ★

また一人、トキワ荘の仲間がいなくなってしまいました。

さびしくなりますね。

|

2008年5月 5日 (月)

料理は見るだけでなく、食べて楽しもう

食べ残しの使いまわしは船場吉兆も悪いが、たくさん注文しても食べ残している客が一部にいるのも問題だ。

料理の使いまわしは20年前から行なわれていたという報道もあった。

5~6年でも20年でも、食品衛生法に抵触しなくても、使いまわしをしていたことには代わりがない。

少なくとも、そんな料理に商品としての価値はない。

それとも高級料亭の料理というのは、接待や旅行の演出道具に過ぎないのだろうか?

食べないのに「料理」?!

食べ物なのに、「飾り」ですかい?

見るだけ、見せるだけなの?

そういえば、「きれいな料理がもったいない」という船場吉兆の言い訳も報道されていた。

確かにせっかく作った料理がそのまま残されてしまったらもったいない。

しかし使いまわしを前提に考えれば、

「どうせ食べないんだからもう一回使える」

ということかも知れない。

だったらむしろ使いまわしに価値があることになるのか?

最初から「食べ物で作った飾り」だったら使えるね。

「船場吉兆の商品は、料理ではなく飾りです。見るだけにしてください」

「お召し上がりにはならないでください、また使うんだから」

と、こういうことかね。

食べ物をオモチャにする高級料亭。

もったいない?!

そもそも、捨てるところがないぐらいに食材を使い切ることが、もったいないという考え方に沿うのではなかろうか。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

さて、料理を出される側の来店客は、どうだったのだろうか。

食べることよりも、たくさんの高級料理を目の前に並べることが、目的になってはいなかっただろうか。

接待の会食だろうが、旅行商品の一部だろうが、あれもこれもとたくさんの料理が出てくることがそんなに大事なことなのか。

それじゃ、食べ切れなかった分はどうなってもいいのか。

普通に考えたら、食べ残しは捨てられてしまう。

せっかく作った料理、せっかく収穫した作物、せっかく育てた家畜、

みんな料理になったまではいいが、箸もつけられずに捨てられる。

もったいないね。

(実際には使い回していたから、次の客にもう一回出される)

そこには「いただきます」という気持ちなど、感じられない。

食べ切れる分だけ注文する、出された料理は残さず食べる、

こうした考えを忘れてしまったら、食糧自給率が極端に低いこの国は一体どうなるのだろう。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

わざわざ外国から買ってきた食料もたくさんある。

それを無駄にするなんて申し訳ない。

カネを出して買ったのだから、それをどう使おうと関係ないなどと言おうものなら、生産国に失礼だ。

化石燃料の代替としてのバイオ燃料でさえ、食糧生産に影響が出ていることで、世界的に問題になっている。

世界には食糧難に苦しんでいる国や人もたくさんいる。

食糧援助があっても国民にまかないきれない国もある。

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)など、援助を受けた食糧を国民にろくに渡さず権力者だけのものになっているのではないかとよく言われる。

だから権力者はあんなに太っているとも、よく言われる。

船場吉兆と一部の来店客も、カネで世界の食糧を無駄にしているのだから似ている。

カネか権力かの違いしかない。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

同じ量や質の料理でも、残食(食べ残し)があるかどうかは個人によって差があるだろう。

しかし、料理の盛りや皿数が多すぎれば残食が出るに決まっている。

見るだけでいいなら、ものづくりは料理でなくてもいい。

料理は見るだけではなく、食べて楽しみたいものだ。

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_90c4.html

「船場吉兆の女将から、面白いご注文」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_a2d7.html

「高級料亭の船場吉兆、客の食べ残しを使い回して信用丸つぶれのまま」

|

2008年5月 2日 (金)

高級料亭の船場吉兆、客の食べ残しを使い回して信用丸つぶれのまま

お客様に一度お出しした料理の食べ残しを、ほかのお客様にお出しするとは、高級料亭も信じられませんね。

あ~あ、これじゃ、偽装事件で失った会社の信用なんか丸つぶれのままでしょう。

人の口に入るものを扱うところなのに、高い代金を払った分の価値が全然ない。

情けない (-o-)

これならホテルの朝食バイキングやファミレスのサラダバーのほうがずっと信用できますね。

立派な食材や看板、ブランドも、中身が伴っていなければなんの価値もない。

それに、船場吉兆ばかりでなく、別会社であるとはいえ、「吉兆」の名前を掲げるほかの会社にも大迷惑でしょう。

高級料亭に限らず、外食業界全体の信用にもかかわってきます。

わからなければ、バレなければ何をしてもいいなんていう考えが通用してしまうから、こんなことが起きるんですね。

秋葉原の沢本あすか(沢木あすかじゃありませんよ~)路上撮影会騒ぎ(東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕、仮釈放中)も、「歩行者天国(ホコ天)だったらなにをしてもいい」っていうほどの考えがあるからではないでしょうかね。

食材がもったいない(!?)はといえ、代金をいただく以上は使い回しなど許されるはずもない。

そんなにもったいないなら、調理の練習にでも使えばよかったのに。

だけどこんな体質の会社だったら、そのうちどっちがお客様にお出しする料理でどっちが練習した料理なのかなんてわからなくなりそうですね。

いかりや長介さんの声が聞こえてきそうです。

「ダメだこりゃ」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_90c4.html

「船場吉兆の女将から、面白いご注文」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_881f.html

「料理は見るだけでなく、食べて楽しもう」

|

funaba

題名に、船場吉兆(せんばきっちょう)と入力しようとしただけなのに、

記事が投稿されてしまいました。

正しい記事は、こちらをクリックしてください。

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_a2d7.html

記事名「高級料亭の船場吉兆、客の食べ残しを使い回して信用丸つぶれのまま」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_881f.html

「料理は見るだけでなく、食べて楽しもう」

|

2008年4月27日 (日)

◆台風みたいな聖火リレーにも、いい話があった

この記事は、↓こちら↓へ引越しました。

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3e71_1.html

|

より以前の記事一覧