« ¥⇒$ 今年のお年玉は、アメリカドルで渡しました。 | トップページ | 入浴したくない症候群?! »

2009年1月10日 (土)

俳優の牟田悌三さんが、慌ただしく天国へ出発していきました。

テレビドラマの「ケンちゃんシリーズ」で父親役を演じた、俳優の牟田悌三(むた・ていぞう)さんが、80歳で天国へ行ってしまいました。

ちょっと信じ難い。

正直に言って、信じたくないですね。

牟田さんと聞いて、

「え~と、誰だったかな?」

と思っても、

「ケンちゃんシリーズのお父さん役をした人で頑固だったほうの人」

と言われれば、

「ああ、あの人!」

って思い出す人も多いことでしょう。

あのドラマの中で、子どもたちを厳しく叱る場面、子どもたちを暖かく包み込む場面などがとても印象に残っています。

ストーリーを思い出せなくても、雰囲気を覚えているような感じです。

まだ新しい年が始まったばかりだというのに、寂しいことです。

去年は、緒方拳さん、筑紫哲也さん、赤塚不二夫さん、水野晴郎さん、飯島愛さん、まだほかにもたくさんの方々が亡くなってしまいました。

個人的な付き合いがなくても、長年慣れ親しんだ人を失うのは寂しいです。

また、飯島さんのような自分の同年代を失うショックも大きいです。

30代後半でもこんな風に感じるのですから、60代後半の父もやっぱり同じような寂しさを感じるのかなと、ふと思うことがあります。

生まれたら死ぬのは確かですが、それは勘弁してほしいと思ったり、避けられないことに怖さを感じてしまう。

それが普通の人間なんでしょうね。

毎日を大切に生きたいものだとつくづく考えさせられます。

我々の人生には限りがあるからこそ、質を高めようとしたり、夢を実現したいと考えるのでしょうね。

踏ん張り抜くのでR☆

|

« ¥⇒$ 今年のお年玉は、アメリカドルで渡しました。 | トップページ | 入浴したくない症候群?! »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事