« 料理は見るだけでなく、食べて楽しもう | トップページ | また、首が痛いです。 »

2008年5月 8日 (木)

船場吉兆の女将から、面白いご注文

往生際が悪いですねぇ。

高級料亭の船場吉兆(民事再生手続き中)のおかみ湯木佐知子社長(71)が、

新聞やテレビに対して

「食べ残しではなく、残された『お料理』としてほしい」

という「ご注文」を出しました。

これは面白いご注文ですねぇ。

たとえ手をつけなかったとはいえ、もう一回出したんでしょ?

食べ残しだろうが、残されたお料理だろうが、同じじゃん。

船場吉兆の場合は、まず偽装表示で信用を落としていたのだから、このときに料理の使い回しのことも調べを尽くして発表すればよかったんです。

「そのときは知りませんでした。あとでわかったんです」

なんて言っても、言い訳にしか聞こえないし、信じがたいです。

何を言っても、人の口に入るものを使いまわしたことには変わりなく、言い訳や悪あがきにしか聞こえませんね。

 ◇  ◆  ◇  ◆  ◇

そりゃあ、誰にだって間違いはありますよ。

一回の間違いでも信用は落ちますが、支援をしてくれる人だって現れますよね?

だけど間違いを繰り返していれば、信用は落ちていくのが普通でしょう。

支援者は減ってしまいます。

言い訳なんかすればなおさらですね。

かつて、田代まさしさんが事件を起こした後、志村けんさんたちが一度は支援をしてくれました。

そのおかげでせっかく「志村けんのバカ殿様」などに出演して芸能界に復帰することができたのに、彼は執行猶予中に別の事件を起こして逮捕されてしまいます。

もう支援者は現れませんでした。

「あいつは最低な事をしたのだから、もう芸能界から消えてもらいたい」

「二度と芸能界の敷居はまたいでくるな」

桑野信義さんや志村さんからコメントされてしまいました。

もう田代さんは事実上の芸能界引退になってしまいました。

取り戻しかけている信用を失うと、もう一度それを取り戻すのはなかなか難しいことは、田代さんだけでなく、植草一秀さんの例を見てもわかります。

高級料亭なんて私にはあんまり興味もないし縁がなさそうだけど、船場吉兆が社会に及ぼす悪影響は大きいですね。

廃業することになるのかどうかは知りませんが、

信用を失うことは自分のことだけではないことがよくわかります。

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_881f.html

「料理は見るだけでなく、食べて楽しもう」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_a2d7.html

「高級料亭の船場吉兆、客の食べ残しを使い回して信用丸つぶれのまま」

|

« 料理は見るだけでなく、食べて楽しもう | トップページ | また、首が痛いです。 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事