« 役立たず扱い | トップページ | 107人が亡くなったJR福知山線の大事故から3年 »

2008年4月24日 (木)

佐藤B作さん、胃がんで療養

俳優の佐藤B作さんが、六月御園座特別公演の「御いのち」の近江屋治兵衛の役を降板するというFAX発表がありました。

B作さんは、早期の胃がんだそうで、この件を報道各社に直筆のFAXを送ったそうです。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

このところ、がんに罹ったことを発表する有名人や芸能人が増えていますが、

多くの方々が元気になられて、それぞれの分野で再び活躍されています。

筑紫哲也さん、山田邦子さん、アグネス・チャンさん、

 ・ ・ ・ ・ ・ ほかにも大勢いらっしゃいますね。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

がん(ガン、癌、悪性腫瘍)に罹ったら人生おしまい

というのは、

今となっては

昔の古い感覚

です。

がんに罹っても元気に生きている人はたくさんいます。

人生は一回限りですから、いちいちびくびくしていられません。

B作さんといえば、以前、NHKの番組の「スタジオパークからこんにちは」に出演されていたときに、

「常に、前へ、前へ」

とお話されていたことが、とても印象深いです。

B作さんにもぜひ、一日も早く元気になってほしいものでR★

|

« 役立たず扱い | トップページ | 107人が亡くなったJR福知山線の大事故から3年 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事