« トホホ。首が痛い (-o-) | トップページ | 首がなかなか治らないなあ »

2008年4月14日 (月)

教師の悪知恵?! ~ 教科書 ~

教科書の話ね。ありますとも。

10年以上もまえに中学校の非常勤講師をしていた頃です。

なぜか授業に教科書を持ってこない生徒がいました。

訳を聞いても、「どっか行った」っていうような呑気な答えしか返ってきませんでした。

教科書も持たないんじゃあ、授業になりません。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

そこで、ある悪い(?!)先生が、

「『新しい教科書を注文しちゃったぞ!』って言っちゃいなよ。そうすりゃあ、慌てて持ってくるさ。」

と私に言いました。

いくらバカ正直な私でも、そのまま同じことを言う気にはなれず、

「あのさ、A君、どうしても教科書が出てこないんだったら、新しいのを注文しよう」

と、その生徒に言いました。

するとA君、

「いえ、いいです。あの、ちゃんとありますから。」

と答えるんです。

「そうかい。じゃあ、来週の授業から持ってきなよ。」

と私。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

ところが、 ・ ・ ・ ・ ・

次に週になっても、A君は教科書を持ってきませんでした。

そこで、私は彼に言いました。

「君がいつまでも教科書を持ってこないから、やっぱり新しいのを注文しちゃったぞ。」

「 ・ ・ ・ ・ ・」

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

さて、また次の週になりました。

授業が始まり、A君の机を見ると、きちんと教科書が出ています。

「おっ、A君、教科書を持ってきたねぇ (^^)/」

さっそく私がA君を誉めたのは言うまでもありません。

それからというもの、A君は毎回きちんと教科書を持ってくるようになったのでした。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

あたりまえのことが、あたりまえにできることも、

できてしまえば、どうってこともない簡単なことです。

ただ、それができるようになるまでには、ちょっとしたステップが必要なんですね。

そういう小さなことの積み重ねが、子どもの将来につながると考えると、

人を育てる責任の重さを感じるのでR☆

|

« トホホ。首が痛い (-o-) | トップページ | 首がなかなか治らないなあ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事