« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の記事

2008年4月27日 (日)

台風みたいな聖火リレーにも、いい話があった

北京五輪の聖火リレーは、まるで台風が襲来したかのような騒ぎを巻き起こしながら長野を去っていきました。

逮捕者が出たり、妨害行為や小競合いが起きたことは残念ですが、聖火リレーそのものだけを見れば大きな混乱には至らずに済んで良かったです。

さて、つまらなそうな話題ばかりが目立つ今度の聖火リレーですが、地元の報道では良い話もいくつかあったようです。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

以下は信濃毎日新聞のインターネット記事に載っていた記事をもとに書いたものです。

市民ランナーとして走った中学2年生の生徒は、応募の理由を「平和の象徴」と記し、軽い気持ちだった。

しかし、その後にチベット問題が発生したために、新聞記事によく目を通すようになった。

搬送バスの中では、先行走者の様子がテレビ画面に映し出されていたそうで、沿道で起きた騒動を見て不安になったそうです。

萩本欽一さんが長野駅近くを走っているとき、コースに物が投げ込まれたり、

福原愛さんが北陸新幹線(長野新幹線)や信越本線のガードをくぐった先を走っているとき、コースに人が乱入してきた様子を画面で見ていたとすれば、それはそうですよね。

実際に走ってみると、国旗をたなびかせて声を張り上げる中国人留学生も、罵声ではなかったそうです。

厳密には罵声かどうかはわからんでしょうけど、中国人ならオリンピックを応援する立場でしょうから、ランナーにも好意的でしょうね。

この中学生、今度の聖火リレーに応募してランナーに選ばれたことで、思わぬ事態に出くわして、貴重な体験をしましたね。

彼もマスコミの取材に対し、「良い状況ではなかったが、良い経験になった」と答えています。

チベット人と中国人が対峙している場所だったら、罵声も聞こえたかも知れません。

もしそうだったら、それも貴重な体験になったことでしょう。

この日の帰り道、どうしてこういう問題が起きるのかと疑問を持ち、父親は「自分なりに考えてみたら」と答えています。

将来どうなるかはまだわかりませんが、これを機会に日中友好とか、外国とのかかわりなどに興味を持つことで視野を広げることができれば何よりだと考えます。

ものの見方や考え方には違いがあり、そういう人たちや集団、国や地域などとどういう風にかかわっていくかを考えるよい機会になりました。

暴動や争い事は残念ですが、こうした出来事を通して学ぶことも大切ですね。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「護送船団方式の北京五輪聖火、いよいよ出発」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_9cf2.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「スポーツを出しに使うから聖火が消える」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_7401.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「北朝鮮、北京オリンピックの聖火リレーに絶対安全の自信」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e7bc.html

|

◆台風みたいな聖火リレーにも、いい話があった

この記事は、↓こちら↓へ引越しました。

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3e71_1.html

|

釈放された沢本あすか容疑者、年齢サバ読み

東京・秋葉原の路上で下着を露出していたとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで警視庁に逮捕された、自称グラビアアイドルで自称22歳の沢本あすか容疑者30歳に関連したお話です。

釈放はされたそうですが、「警察の30歳という発表は間違っていて、自分は22歳である」と主張しているそうですね。

しかし、「路上撮影会」に集まってきていた人たちは、沢本あすか容疑者(「沢木あすか」じゃないですよ~)の年齢なんて気にしているんでしょうか?

女性のセクシーな姿を直接見たいとか、写真に撮りたい、画像を作りたい、っていうことぐらいは考えても、年齢なんて30歳でも22歳でもいいんじゃないですかね?

どうしてこんなことを書くかというと、路上に出てくる沢本容疑者を目当てに集まってくる人たちは、見たいから来ているのであって、

沢本容疑者と付き合いたいとか、結婚したいと思っているとは思えないからです。

いや、中にはそういう人もいるかも知れないから、実際にはわかりませんが、公衆の面前で目を覆いたくなるような格好をするような人には、私だったら幻滅しますね。

それで、何を言いたいのかというと、年齢なんてどうでもいいんですよ。

本の表紙ばっかりきれいにしたり取りかえたりしても、中身がお粗末だったら魅力なんてないわけです。

去年の今ごろ、あのろくでもない職場で一緒に働いた人の中に、

ご自分のことをつまらなそうに「ババア」と称する50代の女性がおられました。

魅力ないですねぇ。

そんなつまんないこと、しかも自分から言わなくてもいいのになあ、って半年間ずっと思っていました。

楽しそうに言うんだったら、世界名作劇場に出てきそうな「素敵なおばさま」っていう感じなんですがね。

惹きつけたいなら、

「20代じゃありませんよ。本当に30歳なんです」

ってアピールしたほうが面白いでしょうね。

そのほうがむしろ意外さがあって面白そうです。

凄いなあ、羨ましいなあって思う人が出てくる。

 注 ※ 路上での下着露出をすすめているわけではありません。

出産しても体型があんまり変わらない人って、羨ましがられますよね?

あれと同じだと思います。

メッキが剥がれたら正体はばれちゃうんです。

年齢なんて、どうでもいいのでR★

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「路上撮影会の沢本あすか容疑者逮捕。理性はどこへ行った?(訂正版)」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_0c26.html

|

2008年4月26日 (土)

路上撮影会の沢木あすか容疑者逮捕。理性はどこへ行った?

訂正記事を書きました。

↓ こちらをクリックしてください ↓

「路上撮影会の沢本あすか容疑者逮捕。理性はどこへ行った?(訂正版)」

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_0c26.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「沢本あすか容疑者、年齢サバ読み」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_ea61.html

|

路上撮影会の沢本あすか容疑者逮捕。理性はどこへ行った?(訂正版)

理性はどこへ行ってしまったんでしょうか?

自称グラビアアイドルの沢本あすか容疑者が東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。

秋葉原の歩行者天国(ホコ天)で、「路上撮影会」と称して下着を露出し、このパフォーマンスを撮影や見物しようとする人がたくさん押しかけて問題になっていたそうです。

沢本あすか容疑者は、警視庁の厳重注意にもかかわらず、街頭でこの過激なポーズの「撮影会」を決行していました。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

この話、なんだか悪い意味での自然回帰(!?)を連想してしまいました。

生物は子孫を残すために、繁殖の行動をしますよね?

アリ、ハチ、カマキリなどのメス一匹に多くのオスが群がって、そのオスの中から一匹だけが交尾をする。

あるいは、一つの卵子にたくさんの精子が集まってきて、その精子の中から一つだけが卵子と受精する。

こういうものと似ている気がします。

だけど人間の場合は、理性というものがあるはずです。

公共の場で公衆の面前で自分の下着を露出するとか、それを目当てに群がるなんて、動物みたいな行動ですよ。

人間は確かに生物ですが、少なくとも社会的には動物ではないんです。

理性がどこかへ行ってしまったら、社会は大混乱です。

動物だったら障害のある個体や老体などは置いてきぼりになってしまいます。

高齢者や障害者を守ろうとするのも、人間に理性があるからできるのではないでしょうか。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「沢本あすか容疑者、年齢サバ読み」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_ea61.html

|

護送船団方式の北京五輪聖火、いよいよ出発

チベット問題の影響でとんでもない展開を見せる聖火リレー、せっかくですから無事に終わってほしいですね。

第一走者の星野仙一さんをはじめ、80人のランナーや沿道の市民が楽しむめるような展開にならなかったことはとても残念です。

護送船団方式の聖火リレーでは、ちっとも面白くも楽しくもないし、何のためにするのかわかりません。

報道機関のヘリコプターからの映像が一番楽しめるのかも知れません。

安全第一とはいえ、いったい何の安全を守るのでしょうね?

人間以外のものに、これだけの警備をするくらいなら、ほかにも守るられべき人たちが全国各地にいることを考えれば、やりきれなさを感じます。

それでも、万一の事態が起きたら国際問題にも発展しかねないのですから、厳戒態勢もやむを得ないでしょうね。

国宝の善光寺に落書きをされたり、硫化水素ばらまき予告、ウィキペディアの記事に長野駅の爆破予告など、

嘆かわしいニュースも飛び交っています。

今回の北京五輪聖火リレーは、完全に「世界中のお荷物」となってしまいました。

あと2時間ほどで出発ですが、走者・関係者のご無事を願っているのでR☆

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「台風みたいな聖火リレーにも、いい話があった」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3e71_1.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「スポーツを出しに使うから聖火が消える」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_7401.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「北朝鮮、北京オリンピックの聖火リレーに絶対安全の自信」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e7bc.html

|

ちょっと意外な?!下着泥

サッカー日本代表候補で26歳のJリーグ柏レイソル選手が、下着泥棒で兵庫県警に逮捕されました。

Jリーグのヴィッセル神戸に所属していた7年前の2001年9月、神戸市内の20代の女子大生宅に侵入して下着などを盗んだ疑いです。

この選手、2年前の2006年3月にも、川崎市内の20代の女性会社員宅に侵入したとして逮捕されています。

ちょっと意外だなと思ったのは、プロのスポーツ選手(男性)が女性の下着を盗むほどのことまでしないと、自分の性的な欲求を満たすことができなかったのか、ということです。

それも、日本代表候補だというから驚きです。

プロスポーツだったら日々思い切り体を動かしていますよね?

それぞれの種目やポジションで、調整がうまくいかないとか、連携がうまくいかないといった悩みなどはあるのでしょうが、

性的な欲求不満だったら、体を動かすことで自然に昇華されてしまうのではないかという気がしていたからです。

どんな職業でも立場でも、みなさん人間であることでは同じです。

ただ、スポーツ選手の場合は、たくさんの人に夢や希望を与えるという期待があるので、同じ犯罪でも社会に与える影響は大きくなります。

こういう出来事は、あまり取り上げられないのか、それとも発生件数が少ないのか、よくわかりませんが、がっかりしますね。

  ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「窃盗とわいせつの元警視庁巡査長に実刑」

 ~ 「女性用の下着~」なんて書かず、「ブラジャーなどの窃盗の罪に問われた警察官」と具体的に書いてもいいのではないでしょうか。 ~

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_7c48.html

|

2008年4月25日 (金)

107人が亡くなったJR福知山線の大事故から3年

軽々しく書くつもりは毛頭ないですが、亡くなられた方々、負傷された方々、その他この事故に関係された多くの方々には、

心よりお悔やみ、お見舞いを申し上げます。

106人の乗客と運転士1人の合わせて107人が亡くなった、JR福知山線の大事故から今日で3年になりました。

平成17/2005年4月25日に起きた事故ですが、もう3年もたってしまいました。

脱線事故そのものの直接の原因は、速度超過ということですが、

この事故を契機として、背景にある様々な問題が明らかになりました。

安全を後回しにしてしまった列車の運行や、運転士へ重圧をかけたとされるJR西日本の日勤教育などの無理が重なって、事故は起こるべくして起こってしまったともいえます。

この事故のことが書かれたウィキペディアの記事によれば、

戦後の鉄道事故で被害の大きさを犠牲者の数で見ると、

八高線の事故が184人、鶴見の事故が161人、常磐線の三河島事故が160人、桜木町の事故が106人、

ということで、この事故の犠牲者数は戦後4番目に多いことになります。

しかしこれらの事故は1940年代~1960年代(昭和20~30年代)に起きており、もう半世紀ぐらい過ぎています。

つまり、いまどきそんな事故が起きるのかと思うほどの大事故が、やはり起きるわけです。

戦争だって、絶対にいけないとされていても、世界のどこかでは起きています。

列車の運行に携わるのはやっぱり人間ですから、その人たちがどこかで一歩間違えればこのような大惨事になってしまうこともありうるわけです。

あってはならない失敗が、もしかしたら自分の身の上にも起こるかも知れません。

ほかの人を巻き込んで迷惑をかけることのないように、自分も気をつけたいと改めて考えたのでR★

|

2008年4月24日 (木)

佐藤B作さん、胃がんで療養

俳優の佐藤B作さんが、六月御園座特別公演の「御いのち」の近江屋治兵衛の役を降板するというFAX発表がありました。

B作さんは、早期の胃がんだそうで、この件を報道各社に直筆のFAXを送ったそうです。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

このところ、がんに罹ったことを発表する有名人や芸能人が増えていますが、

多くの方々が元気になられて、それぞれの分野で再び活躍されています。

筑紫哲也さん、山田邦子さん、アグネス・チャンさん、

 ・ ・ ・ ・ ・ ほかにも大勢いらっしゃいますね。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

がん(ガン、癌、悪性腫瘍)に罹ったら人生おしまい

というのは、

今となっては

昔の古い感覚

です。

がんに罹っても元気に生きている人はたくさんいます。

人生は一回限りですから、いちいちびくびくしていられません。

B作さんといえば、以前、NHKの番組の「スタジオパークからこんにちは」に出演されていたときに、

「常に、前へ、前へ」

とお話されていたことが、とても印象深いです。

B作さんにもぜひ、一日も早く元気になってほしいものでR★

|

2008年4月22日 (火)

役立たず扱い

昨日の午前中、お袋に役立たず扱いされてしまいました。

「お父さんの病院の送り迎えなんてしたって、何にもならない!」

だとさ。

「 ・ ・ ・ ・ ・」

 (-O-)  ウルサイねぇ。

ホウ。

じゃあ、自分は好きなことばっかりしていて、

一体いつになったら送り迎えするんだろ?

「そうかい。何にもならないんだったら、病院の送り迎えするのオレやめるよ」

な~んて、21世紀梨が言うわけないとお袋は思ってるんだね。

バカにしてますねぇ。

まあ、どうせ文句言いたいだけなんだから、どうでもいいや。

黙ってりゃぁいいや、と思って放っておきました。

スルーですね、スルー。

この件、アホらしいので以上でR★

|

2008年4月20日 (日)

玉木宏さんと島谷ひとみさん

なんと、9月から交際していた玉木さんと島谷さんの二人が、約半年で婚約→結婚することなく、

別れてしまいました。

玉木さんは、フジテレビ系のドラマ「鹿男あをよし」の主役や「Bridge」や「抱きしめたい」のレコーディングなど、

島谷さんは、ユーミンソング・ミュージカル「ガールフレンズ」の主役などで、

それぞれ忙しすぎるために、最近ではすれ違いばかりの日々だったそうです。

この二人、このあとさらに舞台活動やNHK大河ドラマが控えており、

今後もすれ違いが続きそうだと考えたんでしょうね。

忙しすぎるために、別れなきゃならないなんて、もったいない話ですね。

芸能人じゃなければ、この関係は実を結んでいたのかも知れません。

今回は、二人とも仕事を選んだことになります。

まあ残念だけど仕方ないですね。

こういう仕事の場合は、そのときしかできないものも多いから、

「もうやめます」とでも決断しない限りは、きっと悩みますね。

どんな家庭にしたいのか、どんな生活をしたいのかなどの価値観によって、

仕事のあり方も変わってきます。

自分の価値観をしっかり持ちたいものでR☆

|

2008年4月19日 (土)

◆マネキンに騙される愉快犯

まるでスズメを生け捕りにするような手法ですね。

何日も餌を置いてスズメを環境に慣れさせる。

慣れたところで、人間が潜み、スズメがやってきたら生け捕りにする。

被害にあった男性は、この方法を知っていたのかも知れませんね。

あれ、今日はマネキンじゃなかったの? 現行犯逮捕

2008年04月19日18時46分

 軽トラックにキズをつけられた神奈川県相模原市矢部2丁目の無職の男性(60)が17日夜、近くに住むアルバイトの男(65)を器物損壊容疑で現行犯逮捕(常人逮捕)した。

 相模原署によると、被害者の男性は、自宅前の路上にとめた軽トラックをキズつけられることが何日か続いた。このため、車内に人がいるように見せかけ、3月ごろからマネキンを置いた。その後しばらく被害はなくなったが、数日前から再びキズがつけられるようになった。17日夜、被害者が助手席で見張っていると、男が傘でキズをつけ始めたため、取り押さえて逮捕した。男は17日の容疑は認めているという。

(以上、朝日新聞のインターネット記事より)

悪いことはできないねえ。

子どものころ、スズメを捕まえようと、魚取りの網を振り回しながら走ったけど、

もちろん捕まらなかったのでR☆

|

2008年4月18日 (金)

スポーツを出しに使うから聖火が消える

世界中で歓迎されない聖火リレーなんて、萎えますね。

北京オリンピックの中止が発表されたら、もっと萎えるけど。

大気汚染問題、食品問題、チベット問題など、こんなにたくさんの問題を抱えた状態でオリンピックが開かれるもの珍しいです。

皆さん気を使っているのか、冷凍ギョーザの話なんて、全然聞かれなくなりました。

せっかく(?)静かになったのに、チベット問題が起きて、

中国は問題の火消しに躍起になっていましたが、

聖火リレーは世界中で混乱しています。

日本でも、長野で善光寺がスタート地点でしたが、

変更が決まりました。

平和の祭典のはずがこんなことでは、

聖火リレーそのものの価値が見失われそうです。

オリンピックが盛り上がるはずの聖火リレーが、オリンピックを盛り下げてしまう。

ここまでくると、北京でオリンピックなんて誰が決めた?

国ぐるみの買収じゃないのかね?

という気がしてきた。

消したいのに問題の火を消すことはできず、

消したくないのに聖火は何度も消されました。

これじゃあ、何のために北京がオリンピックの会場になったのかわからないですね。

スポーツを出しに使うから、こういうことになるんじゃないかね?

変なオリンピックでR★

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「台風みたいな聖火リレーにも、いい話があった」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3e71_1.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「護送船団方式の北京五輪聖火、いよいよ出発」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_9cf2.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「北朝鮮、北京オリンピックの聖火リレーに絶対安全の自信」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e7bc.html

|

2008年4月16日 (水)

藤田まことさん、食道腫瘍で療養

ベテラン俳優の藤田まことさんが食道腫瘍のため、舞台を降板することになったそうです。

MSN産経ニュースによれば、ご本人は、

「健康管理も仕事の内と言われる役者稼業にあって不本意ながら、降板させていただくことは断腸の思い」

とのコメントを出しました。

藤田まことさんといえば、

「必殺仕事人の中村主水」や、「はぐれ刑事の安浦刑事」などが印象深いです。

ほかにも、どっかで聞いたことがあるセリフだなあって思っていたら、

かつて前田製菓がスポンサーだった番組のギャグで、

「俺がこんなに強いのも、あたり前田だのクラッカー!」

っていう流行語も藤田さんだったんですね。

それにしても、藤田さんは先日75歳の誕生日だったそうです。

もう70代だったとは驚きです。

一日も早いご回復を願っています。

早く良くなって、ご活躍される姿を拝見したいものでR☆

|

「よし、コメを買いに行こう」で思い出した、新美南吉さんのお話

玄米を精米してくれる店へ行こう。

  ! ?

 ! ? !

「買いに」 といえば、

「手袋を買いに」 というお話を思い出しますね。

きつねの親子が出てくるお話です。

お店の人はもちろん人間ですが、きつねの子どもに手袋を売ってくれるお話です。

小学校の2~3年生ごろ、国語の教科書に載っていました。

これは、児童文学の新美南吉(にいみ なんきち、1913-1943)さんの作品のひとつです。

親ぎつねの愛情、

子ぎつねが手袋を買うときの、

「きつねの手です。」

という表現など、

寒い冬が暖かくなるほのぼのとしたお話でした。

特にこの、「きつねの手」が出てきたときの、

「あっ! そっちの手じゃないよ!」

と思わずにはいられない緊張感は忘れられませんね。

この、「あっ」という緊張感は、たれぱんだを積み重ねたときの、

つみたれぱんだの9.5匹が崩れた瞬間よりも大きいですね。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

新美さんの作品といえば、「ごんぎつね」も有名です。

このお話も小学校2~3年生のころ、教科書に載っていました。

「あっ」

という瞬間があるのは似ていますが、

こちらはちょっと話の流れや雰囲気が違いますね。

いま思い出しても、考えさせられます。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

ん? これこそが、教科書の思い出だな。

さっそくトラックバック野郎にトラックバックしよう。

「忘れなれない教科書のアレ」

http://trackbackyaro.cocolog-nifty.com/trackbackyaro/2008/04/post_83bb.html

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

新美南吉さんのお話、なつかしいねぇ。

そんなに昔のことを懐かしむなんて、21世紀梨も歳をとったかな?

さて、コメを買いに行くかな。

玄米に近いコメは、繊維がたくさんあるので体にいいのでR☆

|

2008年4月15日 (火)

首がなかなか治らないなあ

このまえ寝違えてからというもの、まだ首が痛いです。

(-o-) トホホ~。

いつになったら治るんかいな?

と、今日は一日中思っていました。

だけどよく考えてみたら、

 ?   ?? ???

寝違えたのは昨日でした。

まだ一日しかたっていなかったのでR★

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_ccd1.html

「また、首が痛いです。」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/o_7af2.html

「トホホ。首が痛い (-o-)」

|

2008年4月14日 (月)

教師の悪知恵?! ~ 教科書 ~

教科書の話ね。ありますとも。

10年以上もまえに中学校の非常勤講師をしていた頃です。

なぜか授業に教科書を持ってこない生徒がいました。

訳を聞いても、「どっか行った」っていうような呑気な答えしか返ってきませんでした。

教科書も持たないんじゃあ、授業になりません。

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

そこで、ある悪い(?!)先生が、

「『新しい教科書を注文しちゃったぞ!』って言っちゃいなよ。そうすりゃあ、慌てて持ってくるさ。」

と私に言いました。

いくらバカ正直な私でも、そのまま同じことを言う気にはなれず、

「あのさ、A君、どうしても教科書が出てこないんだったら、新しいのを注文しよう」

と、その生徒に言いました。

するとA君、

「いえ、いいです。あの、ちゃんとありますから。」

と答えるんです。

「そうかい。じゃあ、来週の授業から持ってきなよ。」

と私。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

ところが、 ・ ・ ・ ・ ・

次に週になっても、A君は教科書を持ってきませんでした。

そこで、私は彼に言いました。

「君がいつまでも教科書を持ってこないから、やっぱり新しいのを注文しちゃったぞ。」

「 ・ ・ ・ ・ ・」

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

さて、また次の週になりました。

授業が始まり、A君の机を見ると、きちんと教科書が出ています。

「おっ、A君、教科書を持ってきたねぇ (^^)/」

さっそく私がA君を誉めたのは言うまでもありません。

それからというもの、A君は毎回きちんと教科書を持ってくるようになったのでした。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

あたりまえのことが、あたりまえにできることも、

できてしまえば、どうってこともない簡単なことです。

ただ、それができるようになるまでには、ちょっとしたステップが必要なんですね。

そういう小さなことの積み重ねが、子どもの将来につながると考えると、

人を育てる責任の重さを感じるのでR☆

|

トホホ。首が痛い (-o-)

ゴロゴロしてばかりいると、ろくなことがないですね。

夕方、ちょっと横になっただけなのに、首が痛いです。

寝違えたらしいのでR☆

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_ccd1.html

「また、首が痛いです。」

 ◇   ◆   関連記事   ◆   ◇

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_620a.html

「首がなかなか治らないなあ」

|

2008年4月13日 (日)

終身刑に処し、誠意が見られなければ死刑

山口県光市の母子殺害事件で、弁護団が死刑回避を訴えている。

冗談じゃない。

被害者の未来を奪っておきながら、加害者の元少年が「生きたい」と言ったからといって、

それを認めてくれと言うんですかね。

「生きて償うつもりです」、と言えば死刑を免れるなら、

加害者はみんな同じことを言うでしょう。

日本には終身刑の制度がありませんが、

死刑の制度を残したまま、終身刑の新設をしてはどうでしょう?

このほかに、死刑と終身刑を合わせた形の処し方もいいのではないかと考えます。

たとえば、「生きて一生かけて償います」という場合に、有期刑や無期懲役などでは軽すぎるなら、

終身刑や死刑の判決を下します。

加害者はまず終身刑に服し、被害者や遺族に対して誠意が見られない場合には、死刑を執行するわけです。

しかしこうなると、誠意の有無や程度の判断が分かれたりして、あんまり意味がないですかね?

だったら初めから終身刑や死刑に決めてしまったほうがわかりやすいかも知れません。

いずれにしても、

被害者だけが苦しんで、加害者がいつまでも生き長らえているのでは、

どうみてもおかしい。

事件発生は、1999年4月14日なので、もう9年になる。

被害者は殺されたにもかかわらず、加害者は9年も生きつづけている。

加害者が、

「生きたいです」 「償います」

とかなんとか言ったからといって、

「ハイ、そうですか」

なんて言えるわけがないのでR★

|

ブログパーツで無駄遣い?!

春眠暁をおぼえずといいますが、

なぜか春は眠いですね。

今日もさっきまで寝てしまいましたよ。

午後3時近くまでグーグーと寝ていると、起きてからの一日が短くなるので、

「今日も」 ちょっと時間を無駄にしたような気がしてしまいます。

 ☆   ★   ☆   ★   ☆

ところで、ブログパーツっていうものがありますね?

時計とか、占いとか、ゲームみたいなものとか、いろいろあります。

紙の会社のブログパーツで、

クリックしたまま動かす、つまりドラッグですね、

こういうタイプのものがありました。

ドラッグすると商品が引っ張り出される、

それを何回か繰り返すと、終わっちゃう。

するとそこでメッセージが出るんです。

「あ~終わっちゃった。つぎもうちの会社の製品にする?」

っていう意味のメッセージが出ます。

ホウ。

これは面白いねえ。

面白いでしょ?

 ↑ 押し付けちゃいかん!

それで、さっそくうちのブログにもつけようかなって思ったんです。

ところが ・ ・ ・ ・ ・

会社がつけたコメントを読むと、

「無駄遣いしてください」

って書いてありました。

もちろん、無駄遣いっていうのはブログパーツの紙のことですが、

なんだか紛らわしい。

本物の製品は、本物の紙なんでしょ?

なんかまるで本物の紙も無駄遣いしてくださいっていう印象を受けてしまいました。

考えすぎだったかな?

「ちょっとまずいね、これ」

と思った私は、結局このブログパーツをつけなかったのでR☆

|

2008年4月12日 (土)

北朝鮮、北京オリンピックの聖火リレーに絶対安全の自信

へぇ。凄いですねぇ。

デモ行進もほとんど行なわれない国、北朝鮮が、北京五輪聖火リレーの安全に絶対の自信をお持ちだそうです。

絶対の安全?!

安全も何もないよな。

「北京オリンピック反対」

「チベットに自由を!」

な~んて書かれた横断幕やプラカードを

北朝鮮で持ち歩いていたら、どうなるかわかったもんじゃないでしょう?

いや、わかってるからしないんだな。

だからそんなもん、思うは思っても誰も言わないね。

まず、反対行動や妨害行動をする前に、身柄拘束だね。

当局に拘束されたら、どんな目に遭うのか、みんな知ってるでしょ?

そんな危ないことは誰もしないんじゃないかね?

ちょっと考えりゃわかる。

だいたいチベットのことだって、どれだけの人が知っているのかな。

聖火リレーの妨害なんてするくらいの人だったら、さっさと国外に逃げますね。

北朝鮮は聖火リレーを 「成功」 させることで、中国に媚を売るつもりなんだろう。

それとも、世界一安全な国ですって言いたいのか、自国民に知らしめたいのか。

いや、平和の祭典を世界一尊重する国かね?

そんなもん、誰も信じないのでR★

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「台風みたいな聖火リレーにも、いい話があった」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3e71_1.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「護送船団方式の北京五輪聖火、いよいよ出発」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_9cf2.html

 ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

関連記事 「スポーツを出しに使うから聖火が消える」

 ↓ クリック ↓

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_7401.html

|

2008年4月11日 (金)

あ。誕生日だ。

4月11日

あ。

彼女の誕生日だ。

「『あ。』じゃなくて『あぁっ!』でしょ!」

「のんきなことを言ってる場合じゃん!」

って思うでしょう?

いや、その、彼女といっても、
「付き合っている人」っていうわけじゃなくて、
あの人っていう意味なんですよ。

その人は同じ街に住んでいるはずですが、もう10年以上も音信普通なので、
今となってはどこで何をしているのかも、結婚しているのかも、お互いにわかりません。

何しろ連絡を取らなくなってから10年以上、たぶん12年ぐらいですからね。

恋人付き合いはしませんでしたが、手紙もたくさん書いたし電話もたくさんしました。

今と違って携帯電話なんてないから、女の子に自宅に電話をかけるでしょ?

だから、ちょっとしたスリルみたいなものがありましたよ。

「うわぁ、親父さんが出たらどうしよう」

とかね。

それに電話番号だって、まだ憶えていますよ。
携帯電話みたいに登録なんてしないから、頭に染み着いちゃっています。
****-***-***
↑後ろのほうの桁数が3+3なのでちょっと変ですが、こういう桁数で憶えていました。

結局、いつまでたっても恋人づきあいする気にはなれず、訣別したわけではないけど自然に別れました。

「好きだったんだけどなあ。」
って思いますが、それは「だった」に過ぎない程度のものでした。

なんだかね、「この人と付き合いたい」っていう決め手みたいなものに欠ける感じだったんですね。
そんなわけで、付き合わなかったんです。

だけど確実に、「この人のおかげで今の自分がある」っていう人物の一人ですね。

元気にしているかな?

20代の思い出のひとつなのでR★

|

2008年4月10日 (木)

<★> 免疫力は、気分で高まるか?

今日(4/10木)は父の通院でした。

白血球の値は、5,000ぐらいでしたので、

抗がん剤の点滴投与から一週間ぐらいの時期としては、いつもとだいたい同じですね。

念のために白血球の値を上げるための注射をするのですが、これもいつもどおりでした。

来週も、白血球の数は同じような感じで注射もすることでしょう。

今のところ、抗がん剤がしっかり効いているようです。

ところで、「病は気から」といいますが、

笑いは免疫力を高めるのでしょうかね?

精神科の分野では、笑いや笑顔、楽しい気分などというのが体の免疫に大きく関係するという医師もいるんですが、

実際にはどうなんでしょう?

以前、落語家と医師を兼業している人がラジオに出演されているのを偶然に聴いたことがありました。

この医師は、内科だか脳外科だかちょっと忘れましたが、精神科医ではないそうです。

病院のホールかどこかで落語をしているのだそうです。

その医師のお話では、患者さんの容態が笑いを通して改善されたのではないか、ということでした。

父は医師との信頼関係が深いためか、通院で医師と会うのを本当に楽しみにしているようです。

通院が治療の励みにもなっている感じです。

今日の診察では、

「先生に会うのを楽しみにしているんですよ」

と、立ち会っていた研修生にも声をかけ、

とても楽しそうに話していました。

体の状態が良いのは、こんなことも関係しているのかなと、

改めて感じた一日でした。

にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

|

いのちについて考える

自ら発生させた有毒ガスで、人生の幕引きを図る悲しい報道がある。

さぞ、悩んだことと思う。

さぞ、悲しかったと思う。

さぞ、悔しかったことと思う。

さぞ、つまらなかったことと思う。

それぞれの無念があったことと思う。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

「放っておいてくれ」

って思うかも知れない。

「あなたに何がわかるんだ」

って思うかも知れない。

「余計なお世話だ」

って思うかも知れない。

「私の心に土足で踏み込まないでくれ」

って思うかも知れない。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

↑どれかを選んで、コメント欄に貼り付けてもいい。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

すでに人生を終えてしまった人は、もう帰ってこない。

実体験がなくたって、知っているはずだ。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

さて、

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

いま、そこで、

注意書きを貼り付けようとしている人!

洗剤の容器を開けようとしている人!

人生の幕を引こうとしている人!

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

そう!!!

あなたのことだ!

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

せっかく書いてくれた注意書きや、

用意した洗剤の容器から、

一度でもいいから、

手を離して、考えてほしい。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

せっかく生まれてきたんだ。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

もう一度、

よく考えてほしい。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 ・ ・ ・ ・ ・ 止まない雨はない。

津軽海峡やドーバー海峡の長大トンネルだって、

出口はあるぞ。

だから、あなたにも、きっといい方法が見つかると思うんです。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

もうだめだ!

と思っても、

喜びや、悲しみは、

生きていればこそ、

感じることができるものだ。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

    ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

こんなところにごちゃごちゃ書いたって、

一体どれだけの人が目にするのかはわからない。

この記事を書くことが、

意味のあることなのか、

価値のあることなのかは、

わからない。

だけど、

どうしても書きたくなったのでR☆

|

2008年4月 9日 (水)

<★> 明日は通院でR★

さて、明日は父の通院です。

このごろは、抗がん剤を点滴した副作用で白血球の値が一時的に下がります。

点滴した日も入れて数えると、だいたい10日前後のころが一番下がりますね。

白血球の値が下がると、免疫機能が低下するので、体の抵抗力が下がります。

これが一番の問題ですね。

そこで、血液検査をして調べるわけです。

もし、白血球が低い値だったら、注射で対応します。

白血球以外のものは、ヘモグロビンなども検査しています。

やや貧血気味とは言われていますが、今のところ、大したことはないようです。

ほかに抗がん剤の影響といえば、疲れやすいですかね。

この前はトイレの中でいびきをかいて眠っていました。

 ☆   ☆   ☆

ところで、もともと私は無頓着なのですが、父と一緒に何度も病院通いをしていると、

医師や看護師さんとも顔見知りになるので、

いくら私でも、髪の毛をジェルで固めたりして、少しは身だしなみに気をつけるようになります。

幼稚なんでしょうね!?

いや、あの、恋愛にはあんまり関係ないつもりですけど、日ごろから身だしなみに気をつけようと思っているだけですよ、ハイ。

ときどき病院内の人事異動で職員は入れ替わってしまいますが、

動機はどうあれ、結果的には人に見られることで自分のためにもなっているんだろうと勝手に考えているのでR☆

にほんブログ村 病気ブログ 前立腺がんへ
にほんブログ村

|

恋愛の記事ね。

恋愛したいですね。

やっぱり本心は隠せないっていうことかも知れません。

さっきの記事、恋愛に全然関係ないのにカテゴリーを間違えちゃいましたねー。

どっちかっていうと、恋愛に少しは関係があるのは、

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_6b2b.html

↑こっちじゃなくて、↓こっちですね。

http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_3464.html

↑ここにも大したことは書いていませんけど。

自信の無さや自分の考えを持っていないなんていう理由だけで、いつまでも尻込みしていると、

本当に手遅れになったりしそうです。

他力本願もいけませんね。

経済的なことなどの、生活の安定を考えるとまだ結婚は考えていませんが、

そんなことをいつまでも言ってはいられないし、

のんびりしていていいのかと思っても、今の家庭の状態のこともあるし、

簡単には身動きできそうにない (-o-)

だけど自分自身もこんな明け方までゴソゴソ起きているのでR★

不健康だねー (。。)(°°)(。。)(°°)

さてと、わけのわからんことを、いつまでもぼやいてばかりいないで、

米でも研いで、さっさと寝よう。 Z Z Z 。・。・。・

あ、コメだ、コメ ・ ・ ・ (^^;

うちで食べているのは玄米に近いんですよ~

体にもいいし、なかなかおいしいです。

|

2008年4月 8日 (火)

お風呂で世界地図

子どもは面白いですねぇ。

昨日、めずらしく姪っ子と一緒に入浴しましたが、今日もでした。

濡れた壁に貼り付ける世界地図で楽しみました。

その地図には、国の名前と首都の名前が書かれています。

姪っ子はその地図が気に入ったらしく、熱心に見入っています。

これはちょっとした勉強になりますね。

知らない名前もたくさんあるようで、姪っ子が地名を読むのを聞いていると、

妙な固有名詞(?)が出てきます。

「だいみんかんこく」

と読む姪。

 ! ?

「もう一回、読んでみな」

しかし ・ ・ ・

「だいみんかんこく」

 ! ? ! ?

「それは、『だいかんみんこく』だよ」

地図には「大韓民国」と漢字で書かれ、読み仮名もつけてあります。

「ツルバ」

 ! ?

「そりゃ、ツバルだね」

さて、長い名前だと、慎重に読むようで、この国は読めました。

「ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく」

子どもは楽しいです。

それにしても彼女、お風呂に入っても、よく喋ります。

湯船の中だろうが洗っているときだろうが、

ずう~っとですよ。

女の子だからでしょうかね?

やっぱり楽しいのでR☆

|

2008年4月 7日 (月)

新生活のフレッシュな話

うちの庭ではスイセンの芽が伸びたり、サンシュウの黄色い花がきれいに咲いています。
雪もすっかり融けて、春の風景になりました。

さて、春は入学式の時期ですが、進級の時期でもあります。
姪っ子は小学2年生になりました。
育児というより子育てといったほうがよさそうな年齢になりました。
新学期が始まり、学校へ通う毎日が楽しそうです。

今月に入って小学館の「ちゃお」の発売日になると、
さっそく買ってきて、ちゃおを見ながら何やらポーズをとっています。
ダンスか何かのマネらしいです。
こういう様子を見ていると、子どもっていうのは面白いです。
それからまた、百人一首への興味が戻ってきたようで、
「ひさかたの~」とずっと言っています。
飽きないのかね?

そういう私も、高校の頃に一度は百首全部を暗記していたので、
インターネットで見つけた百人一首のゲームをずっとしています。
趣味というほどのものでもないですが、
ちょっとはまっています。
一度は憶えていたものが、わからないっていうのは悔しいので、

http://kobo.kaikoma.net/karuta/karuta.html

http://ponponponta.com/game/hyakunin.html

↑ここで楽しんでいます。

「小倉百人一首」
風流です。
このゆったりとした雰囲気が、好きですね。

暗記したのは20年ぐらい前ですが、当時のことがいろいろ思い出されてきます。
この句は誰と憶えたとか、何を連想しながら憶えたとか、自分でもそんなことまでよく憶えているなあって思います。
ちょうど昔の歌謡曲を聴くと、そのころのことを思い出すのと似ている感じですね。

なぜかその当時のこととは全然関係ないことも、連想されてきます。
20年前の百人一首と、数年前の恋愛みたいな感情。
どうしてこの人が連想されるのかは、ちょっとわかりません。
まあこの話は賞味期限が切れていますから、いいんですけどね。
もちろん賞味期限は相手のことではありませんよ。

恋愛といえば、森三中(もりさんちゅう)の村上知子さんが結婚したそうですね。
知り合ってから入籍まで、三週間だったかな?
この短さはやっぱり20代ですねえ。
30代にもなると、もう少し吟味しなければ失敗がこわくてできませんね。

いいですねぇ、結婚。

さっき姪っ子とお風呂に入っていたら、

「伯父さんは結婚しないの?」

なんて聞かれましたが、

「ちょっとね、いまそれどころじゃないんだな~」

と答えると、

「でもさ、40歳とか50歳になったら、手遅れなんじゃないの?」

なんて言います。

 ★ ホウ。おぬし、なかなか言うねえ。 ★

「ハハハ、手遅れかぁ。つまりね、自分が結婚したいと思ったときが、タイミングなんだよ」

な~んて答えましたが、

果たして理解できたかどうか?!?!

まあ、今年度もマイペースでいくのでR★

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »