« 秋田の児童殺害事件の裁判で、秋田地裁の判決が出されて、21世紀梨が考えたこと | トップページ | 窃盗とわいせつの元警視庁巡査長に実刑 »

2008年3月20日 (木)

地下鉄サリン事件から13年、社会に出てからも13年

東京で起きた地下鉄サリン事件から、13年がたちました。

ちょうどあの日は大学の卒業式で、一体何が起きたのだろうかとみんなで研究室のテレビにかじりついていたことを覚えています。

13年たっても、12人の犠牲になった人たちは帰ってこないし、今も後遺症に苦しむ人たちが大勢います。

未だに指名手配されている容疑者もいるが、その人たちは一体どこで何をしているのか。

時効になったら、のこのこ出てきて普通に生活するのか。

麻原被告(本名、松本被告)の裁判は、事件の真相が満足にわからないまま一審で死刑の判決が出されてそのまま結審してしまいました。

やりきれないですね。

あの事件から13年たって、私も社会に出て13年たったことになります。

長い時間がたっても、自分の考えにはまだまだ芯が通らないし、大したことをしていないなあと思う。

それでもこの13年の生き方を見て、褒めてくれる人もいれば、うらやましがる人もいました。

特に去年4月からの半年間は、妬む人や馬鹿にする人が多かったです。

40歳近いのに、定職にも就かず、妻子もない21世紀梨に対して、妬むのが不思議でしたが、

こういう人も世の中にはいるんですね、とまた少し世の中のことを知りました。

「あれから何年」

などといわれると、

「その間、自分は何をしてきたかな?」

と、考えることがときどきあります。

だけどせっかく考えるわりには、自分の考えがまとまらないのでR☆

|

« 秋田の児童殺害事件の裁判で、秋田地裁の判決が出されて、21世紀梨が考えたこと | トップページ | 窃盗とわいせつの元警視庁巡査長に実刑 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事