« 管理職が、21世紀梨の退職を了承 | トップページ | 自由人になる前の仕事納め »

2007年9月 9日 (日)

退職の手続き中

現在、退 職の手続き中です。

今月いっぱいで、退 職できる見通しです。

先日は、現場の正副の長と話をしました。

この二人、管 理 職ではないので、本来なら何も話す必要はなかったのですが、現場で正副の長ということで、素通りすることもないかと思って「家 庭 の 事 情」を話しました。

しかし、これが、とんでもない間違いでした。

 ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

父 の 面 倒 を 見 る の が 大 変 だ っ た ら 入 院 させてしまえ。

近 所 の 病 院 の 転 院 させてしまえ。

通 院 が大変なら タ ク シ ー で 行けばいい。

お前が仕事を辞めるぐらいなら、

そのぐらい 我 慢 し て も ら え 。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ こんな有様でした。

? ! ? ! ? !

ガ マ ン ね ぇ 。

? ! ? ! ? !

親父はずうっと病気と一緒に、何年も不安な気持ちで生きてきたんです。

これ以上、いったい何を ガ マ ン するのでしょう?

本当に単純な人たちです。

信じられない。

一番つらく大変なのは患者本人なのです。

うちの父には、主治医を変える理由はまったくありません。

長い間、お互いの信頼関係を築いてきた主治医を、ほかの人の都合で変えるほどバカバカしいことはないんです。

患者のためには、何もいいことなんてないんです。

まあ、正副の長は、私の退職理由が「家 庭 の 事 情」だということしか知らないし、私もこれ以外のことを語るつもりもないので、どうでもいいけど。

それにしても、あほらしいです。

誰のための治療なのさ?

治療は患者のためにするのであって、

家族や医者の自己満足のためにするわけではないんです。

あくまでも、患者本人が選択した主治医と治療法で思う存分に進めていくことが大切であると考えます。

 ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

退職のほかの理由なんて、絶対に言えないですねえ。

もちろん、話す気もないです。

将来の就労へのリスクが大きいという理由で、自分の能力のことを話すわけにはいかないことは、私の主治医と確認しています。

それにもうひとつ。

「こんな職場じゃやってられない。」

なんて言ったら、妙な改善案なんかが出されてきたりして、いつまでたってもやめられないかも知れません。

そんなのは真っ平ご免です。

春から半年もいて、いまだに冗談もろくに言えない状態ですから、こんな職場はもういいです。

退 職 願 は提出してあるので、明日はほかの書類を全部提出します。

締め切りまで10日ぐらいあるんだけど、21世紀梨にしちゃあ、早い提出ですねぇ。

さっさとおさらばしたいのでR★

|

« 管理職が、21世紀梨の退職を了承 | トップページ | 自由人になる前の仕事納め »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事