« もう7月になりましたが、まるでお客さんですね。 | トップページ | あと4日で夏休みですが!? »

2007年7月15日 (日)

「お客さん」はそろそろ帰りましょうか

仕事の任期は来年の3月までの一年間になっています。

4月から働き始めてまだ途中で半年もたっていませんが、そろそろ退職を考えています。

相変わらず、ほかの職員に言うことといえば、

「ハイ」「そうですね」「すいませんでした」

ぐらいしかないなんて、つまんないですねぇ。

この職場で働く力として、もうそろそろ身についている筈のものが、まだ身についていないものも多いし、その場になると忘れてしまうこともよくあります。

介護方法は、人によって違いがあるので、たとえばおむつパッドの当てかたも、縦だったり横だったりといろいろあります。

これを間違えると、あとで尿漏れになって着替えることになります。

相手が2~3人ぐらいの少人数に限定されていれば、私も少しは混乱を避けられるだろうけど、そこまでは理解してもらえそうにないです。

やっぱり得意なものと不得意なものがあるから、誰もがどこへ行ってもみんなと同じように働く力を発揮できるかといえば、そうはいかないですよね。

なかなか自信も持てないし、意欲も湧かなくなってしまいます。

 ★   ☆   ★

昨日の朝は、まだ寝ているのに排尿がありました。

この症状、いまも月に一回ぐらいあります。

週に一回ぐらいは泊まり勤務があるのだから、もしそのときにこんなことがあったらちょっと面倒だなって思います。

明け方にシャワーで洗ったり着替えたりしているうちに、もし誰かが起き出してきたら、安全を保障できなくなってしまいます。

だけど、膀胱の活動を押さえる薬を飲んでいても、この症状が出るということは、いつかは泊まり勤務のときにもこうなるんでしょうね。

こういう状態を考えると、そろそろ辞めたほうがいいのかも知れません。

まさかこんなことを考えるようになるとは思わなかったですね。

「お客さん」はそろそろ帰りましょうか。

|

« もう7月になりましたが、まるでお客さんですね。 | トップページ | あと4日で夏休みですが!? »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事