« 日曜出勤です | トップページ | 「お客さん」はそろそろ帰りましょうか »

2007年7月 8日 (日)

もう7月になりましたが、まるでお客さんですね。

早いもので、もう7月です。

4月からの仕事には、ほとんど慣れることなく、

「もう7月なのに、おんなじこと、なんっかいも言われているじゃないか!!!」

などと毎日のように同僚から苦情を言われています。

こういうことを言う人って、みんなの前で平気で言いますね。

またある日には、

(あなたと一緒に働くのは)もう疲れた。何とかならないか」

とも言われました。

こんな おもしろ~い ことを言う人もいました。

「一人の着替え(介助)に30分なんて、時間がかかりすぎ」

↑ ↑ ↑ それじゃ、ずっと見ていらしたんですか?

いったいどんな風にすれば、一人の着替え介助に30分もかかるのか、

こっちが教えてほしいです。

どんな技なのかぜひ聞きたい。

  ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

年間の予定は学校と同じようなところなので、7月下旬には夏休みに入ります。

それまで、出勤日数にして10日を切っているので、なんとか粘りたいところです。

休み中はデスクワークや研修なので、あんまり気になりません。

  ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

しかし、来年の3月まで持ちこたえるのはちょっと無理かなとも思います。

一度にいろいろな状況が別々に動いている環境の中では、常にほかの職員と声を掛け合ったり、常に変化する状況に応じて見通しを持った行動が求められます。

「コミュニケーション」と「見通し」は、私にとっては大きな課題であり、弱点です。

「今は、まわりの職員が私の分まで動き回って全体を維持している状態だ」とも言われました。

毎日バカ扱いされているようで、つまんねー。

こ~んなにひどい職場、初めてですよ。

そのうちに生きる喜びまでもが、どこかへ吹き飛ばされそうです。

やっぱりこの職場、私には無理なのかも知れません。

|

« 日曜出勤です | トップページ | 「お客さん」はそろそろ帰りましょうか »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事