« ★ 2月になりました | トップページ | <★> 自分ならどうする »

2007年2月14日 (水)

偏りのない基礎を身につける

1月下旬から3月までの予定で、ホームヘルパー2級の資格を取る講座を受講しています。

父を一人だけ家に残して出かけなければならない日も何日かあるので心配ですが、身の回りのことはできるので、予定を入れてみました。

隣町にある教室で、レポート課題が4つ、講義や実技が8日間、施設実習やホームヘルパーの同行訪問が4日間あります。

受講生は6人です。

介護の資格を持つ人の需要はありそうなのですが、意外に少ない人数ですね。

年に何回も開講している講座なので、年単位で考えるとまとまった人数になることでしょう。

その代わり、少数精鋭でゆとりを持って受講できます。

和気あいあいで楽しく、とてもいい雰囲気ですよ。

将来を見通すと、それなりに役に立つ技術が身につくだろうと考えて受講しているのですが、なかなか興味深い内容が多いです。

自分の視野も広がりそうなので、受講してよかったなあと思っています。

それに、内容もわかりやすく整理されていて、基本を身につけやすい感じがします。

講師の説明には、「自己流」というものがなく、客観的なんですよ。

どの受講生であっても身につけることができるような説明をしています。

これなら、偏りのない基礎を身に付けることができるので、安心して応用へと発展させることができそうです。

施設実習やホームヘルパーの同行訪問でも、現場で介護に携わる人がどのように考え、どのように行動しているのか、実際に自分の目で確かめながら、積極的に臨みたいと考えています。

|

« ★ 2月になりました | トップページ | <★> 自分ならどうする »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事