« 拉致事件の映画上映で、北朝鮮拉致被害者と、わが子を思う親の立場を考える | トップページ | 弔いがありました。(人生の喜怒哀楽 その1) »

2006年12月 8日 (金)

人生の喜怒哀楽

このところ短い期間に、弔い、入院治療、結婚などの出来事が集中していました。

また、これらに付随して、さまざまな人間模様を目にすることとなりました。

弔いは90代の祖母、入院治療は70代の別の祖母、結婚は20代の大学の友人です。

それらを、これから少しずつ記事にしていきます。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

このブログを通じて、自分のことを気にかけてくれる人がいることの喜びを感じるのでR☆

|

« 拉致事件の映画上映で、北朝鮮拉致被害者と、わが子を思う親の立場を考える | トップページ | 弔いがありました。(人生の喜怒哀楽 その1) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。