« 泌尿器科の医師に、「気にしなくていいよ」と言われてしまいました。 | トップページ | あわてない。 »

2006年9月21日 (木)

次は脳のMRI検査です

精神科の主治医に、「なんちゃって占い師」みたいな県立中央病院の泌尿器科医の話をしました。

「昨日までの自分と、明日からの自分は、『別人』ということにしましょう」

「気にしなくていいよ」

などと、まるで占い師のようなことを言われた上に、過去2年半の記録を出して説明したにもかかわらず、

「しばらく様子を見ましょう」

とのんきなことまで言われてバカバカしかったことを話すと、

「なんだそりゃ? 診る気がないってことだな」

とバッサリ。

おぉ、いいねえ。

7年間も付き合っていると、お互いに本音が言いやすいですねえ。

信頼関係がしっかりできているから、話がわかりますよ。

  ★   ☆   ★   ☆   ★

今後のことを相談した結果、C病院の中で整形外科から脳神経外科へ紹介してもらうことになりました。

C病院は、親父がかかっている大学病院です。いつも通っているところだから気楽ですよ。

外来の診察曜日の関係で、昨日(20水)は整形外科で紹介の依頼をしました。

検討して神経内科を受診することになり、今日も大学病院へ行きました。

「平衡機能検査」といって、手足や顔面の動きを調べました。目をつぶったまま自分の鼻先を触ったり、医師が肘や膝をコンコンと軽くたたいたりしましたが、案の定どこにも異状はありませんでした。神経内科の医師も、「やっぱりなぁ」っていう感じです。

来週は、MRIで脳の検査をすることになりました。

神経内科の医師には、脳を断層画像で調べてみたところで、何かが見つかる可能性は低いだろうと言われています。本当に神経に異状があるなら、平衡機能などの異状がとっくに見つかっていることが多いからですね。

「たぶん何も出てこない」と思うとちょっと複雑です。

異状がないのは結構だけど、睡眠中に排尿があることには変わりがないからです。

感情的な負担はあんまり軽くならないのが悩みの種です。

  ★   ☆   ★   ☆   ★

例の泌尿器科医なんかは、

「●▲よりましだ」

「◆●じゃなくてよかった」

だなんて比較して喜んでいたけど、何の意味もないし、そんな表現はあんまりです。

それじゃ、

●▲や◆●の人たちはどうなるのでしょう?

悪い人じゃなさそうだったけど、医師としての誠実さは全く感じられない人ですね。

違うんだな~。趣味で謎解きをしているわけじゃあるまいし、困っているから受診しているんだよ。

健康保険や県民の税金を無駄にしてはいけないよ。

|

« 泌尿器科の医師に、「気にしなくていいよ」と言われてしまいました。 | トップページ | あわてない。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。