« 遺憾であります。 | トップページ | 家庭生活の見通し »

2006年8月21日 (月)

カギは「自分の考え」

8月3日(木)の記事には、多くの方々からコメントをいただき、ありがとうございます。

また、しばらくの間、更新しなかったにもかかわらず、多くの方々にご来訪いただき、みみたん さんには相互リンクもしていただき、ありがとうございます。

 ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

これからのことについては、不安もあります。

一番のカギとして感じるのは、

「自分の考え」を強く持ちたい

ということです。

これは、試験の論作文を書くときや、仕事を進めるときだけではなく、

結婚の決断や子育てなどの家庭生活といった、

生きていく上で当然必要になることです。

今までは、

「主張するネタがあっても、それを伝える力が弱い状態」

だと考えていました。

ところが7月の試験で論作文を書いたときの自分をよく考えてみると、

「主張するネタがあっても、それをまとめた状態になっていない」

ことがわかりました。

一次試験の順位の開示によれば、

ほかの受験者全員が、21世紀梨よりもまともな記述をしていた

ことが明らかになりました。

それに、「一次試験で1200字の論作文」というのは、公式には知らされていなかったのですが、私が記述できたのは半分以下でした。

採点する側にしてみれば、お呼びでない。

 ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★

さて、来年の試験に再挑戦したいところですが、こちらはまだはっきりとした表明はできかねています。

自分の人生なので、自分で好きなように準備を進めてもいいのですが、やっぱり周囲の理解も得たいものです。

もし理解が得られなくても挑戦することになるでしょうが、ちょっと心細い気もするんです。

それに、自分の考えを持てるようにしていくことは、どんな進路をとっても必要な筈なので、具体的な方法をこれから見つけて力をつけていきます。

時間はかかるかも知れませんが、生きていくためには必要な力なので、一歩一歩進んでいきたいと考えています。

|

« 遺憾であります。 | トップページ | 家庭生活の見通し »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。