« 実は自分のことも不安 | トップページ | 本業の試験準備も進めています »

2006年6月15日 (木)

食欲が落ちました

食欲が落ちました。空腹なのに、それでも食べたくない。

昨日は、昼頃に病院から帰ってきた父と食事をとったほかは、あめ玉だけです。

たんぱく質やビタミンが不足しそう・・・。

   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

疲れてきたかな、と思う。

父も母も、 「起きたくない」 と 「起きられない」 の区別がつけられないらしい。

相手の心への影響を考えることが苦手な人種なのだろう。

朝になって起こしてくれるときや、三度の食事で声をかけてくれるとき、ときどきカチンとくることがある。「え~オレなんかしたかな~?」

なんでもないのに(なんでもない筈なのに?)、責めるような言い方をする(ように聞こえる?)ことがある。

「その、責めるような言い方、やめてくれ」って言ったことは何度もある。すると、なんて言えばいいのか聞いてくる。だけどいくら説明しても、伝わらなかった。それに、自衛であっても朝からいちいち抗議なんかしていると不愉快だからあんまり言いたくない。特に父は病気のこともあるから、なるべく負担をかけたくない。

社会に出れば認めてもらえないような、小さなことなのだろうと思う。

家庭内で過去にいろいろあったことは仕方ないだろうけど、それが25年ぐらいたった今でも解消されていない。だから、私の家庭には基礎の中でもさらに基礎のところで、信頼関係が弱い。それで、理屈では問題にならないようなことでも、感情では大問題になる。

気にしなくて済むものなら、気にしたくない。それができれば、こんなに楽なことはない。だけどそんなに抱えきれないよなって思う。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

今日は昼間だったら天気も悪くないようだし、気晴らしに散歩して来ようかな。

根本的な解決には、まだまだ時間がかかりそうだし。

いつもと違うことは苦手なんだけど、のんびり過ごすなら大丈夫だと思う。

|

« 実は自分のことも不安 | トップページ | 本業の試験準備も進めています »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事